今もなお根強い人気を誇っている黒髪ストレート。日本人女性なら誰しも憧れるヘアスタイルですが、その一方で垢抜けなかったり性格が暗く見えてしまうといった問題もあり、中々イメチェンできない女性も多いのではないでしょうか。

でも安心してください。黒髪ロングには誰がやっても失敗しないと言われる王道メイクがあるのです。この王道メイクをマスターしておけば、垢抜けないなんて言われることはありません。

半額

アイシャドウはベージュで極薄仕上げかカラーレス

アイシャドウはベージュで極薄仕上げかカラーレス

黒髪のアイメイクは色味を加えないカラーレスメイクにするか、薄くベージュ系のアイシャドウを塗るくらいがベスト。

黒髪=暗く見えるというイメージが強いために、アイシャドウで色味を加えて目元を華やかにしたいという女性も多くいますが、実際にアイメイクを華やかにしてしまうと黒髪とのコントラストで目元だけで浮いてしまい、顔の印象がちぐはぐになってしまいます。

目元には極力色を足さずにすっきりと見せたほうが、黒髪の女性の場合は顔が美しく見えることが多いと言われています。

 

アイラインはあえて引かずマスカラもナチュラルに

アイラインはあえて引かずマスカラもナチュラルに
出典:weheartit.com

黒髪の王道メイクでは、アイラインはあえて引きません。なぜならノーラインの方が目元の印象が和らぎ黒髪の持つシャープさを緩和することができるからです。

アイラインを引かないと目の印象がぼやけるのでは?と思うかもしれませんが、ノーラインのままでもまつ毛の根元からマスカラを塗ればそれがアイラインの役割を果たしてくれ、目元がぼやけることもありません。

まつ毛はビューラーを使わず、すだれ状態のままでマスカラを塗るのがコツです。

 

アイブロウは薄く仕上げて黒髪とのバランスを

アイブロウは薄く仕上げて黒髪とのバランスを

黒髪の場合、アイブロウは濃くせずに極力薄く仕上げるようにします。

自眉が太く濃い方は、ブリーチ剤で脱色をするか眉マスカラで色を抜いておきましょう。

アイブロウの色は、髪より明るすぎても暗すぎても浮いてしまうので髪のワントーンほど明るめのブラウンを選び、少しずつ塗りながら色を調整してみてくださいね。

 

黒髪でもおしゃれに見える、誰でも似合う「王道メイク」いかがでしたか?

日本人に最も似合う黒髪は、肌を白く見せつつ清楚な印象を与えてくれる嬉しいヘアカラーでもあります。

黒髪にしたいけどメイクが似合わなかったらどうしよう……と躊躇していた女性も、今回ご紹介した王道メイクをマスターすればすぐに大和撫子の仲間入りですよ。