デカ目にする方法、眉の描き方など、今ではメイクのハウツー情報がたくさんあります。

目を大きく見せるためにアイラインで目の縁を囲ったり、元々の眉の形を無視したベタ描きなど、少しやり過ぎメイクになってはいませんか?

自分の顔のパーツにコンプレックスがあると、できるだけ良く見せるためにどうしてもその部分に手をかけたくなりますよね。

ただ、今はより自然なメイクや素肌感がトレンドですので、強調と隠すだけのメイクでは逆に野暮ったく一昔前の印象になってしまいます。

今まで自分の中で揺らがない定番だったアイテムを少し変えるだけで、自然なのに華やかな今どき顔になることができます。

半額

やり過ぎ目もと卒業で誰からも好印象に!

やりすぎ目元を卒業して好印象に

デカ目の必須アイテムだった漆黒アイライナーを見直すだけでも、印象はガラリと変わります。

目力を出しつつ、自然な仕上がりにするにはブラウンが鍵です。今ではカーキ系、グレイ系といった色味違いのブラウンカラーがたくさん揃っています。

色白肌には明るめのブラウン、黄色肌にはダークブラウン、色黒肌には赤みブラウンが肌の色に馴染みやすくオススメです。

太め黒ラインから茶ラインにするだけで、ノーメイクなのにしっかりとした目もとが完成しますよ。

 

マスカラも、まつげが自然に増えたような仕上がりを目指しましょう。

セパレートタイプのマスカラできちんとティッシュオフし、余分な液を落としてから少量を丁寧につけるようにしてください。

勿体ないからと液をそのまま塗ると、ダマの原因となって仕上がりや美しさが欠けてしまいます。

 

口もとを変えて端正な女性に印象づける

口もとを変えて端正な女性に印象づける

ふっくらとしたツヤを与えてくれるグロスですが、塗りすぎは上品さを損なうので注意しましょう。

バーム系のリップなら直塗りしても浮きがなく、発色も潤いもしっかりあるのでグロス要らずです。

 

リップを塗るときは全体に薄くのばした後、ティッシュオフして色味をなじませ密着させます。

仕上げにリップを指にとり、唇の中央にだけポンポンとのせると、元々の唇がふっくらと自然な色に見えます。

肌が白い方はパール系の明るめリップ、黄色肌にはオレンジ系、色黒の方はビビッドカラーを選ぶと、それぞれくすみを飛ばしてくれます。

 

メイクもファッションと同じように、トレンドがあり変化していくものです。

今までのメイクの仕方を全て変える必要はありませんが、パーツごとにポイントを押さえベストなアイテムを選ぶだけでも、今風の抜け感のある顔に仕上がります。

元々の顔を活かした自然なメイクは、より若々しく健康的に見えます!