顔の大きさをカバーするためには、ベースメイクが大切だというのはもはや常識。

しかし、実際にシェーディングやハイライトを入れてメイクをしてみても、顔の大きさはそこまで変わらずにがっかり、なんて女性も多いのではないでしょうか。

それもそのはず。実は顔の大きさをカバーするには、ベースメイクよりもパーツメイクの方が重要なのです。

半額

顔を小さく見せるにはパーツを大きくするのがコツ

顔を小さく見せるにはパーツを大きくするのがコツ

メイクだけで顔を小さく見せたいときは、顔の「余白」をいかに少なくできるかがカギです。

シェーディングやハイライトは顔を立体的に見せてくれますが、あまり大部分に入れて顔に陰影をはっきりと付け過ぎてしまうと、どうしてもケバくなってしまいますよね。

そこで試してほしいのが、目や眉、唇などのパーツを大きくし顔の余白を少なくするメイク。

パーツを大きくすることで顔の印象もはっきりとしますし、余白も少なくなるので相対的に顔を小さく見せることができます。

 

目と眉を大きくして顔やせ効果を狙おう

目と眉を大きくして顔やせ効果を狙おう

顔を小さく見せたいときは、まずアイメイクで目を大きくするところから始めましょう。

目を大きくするいわゆるデカ目メイクは、アイシャドウを塗る範囲をやや広げつつ、アイラインも目尻より長めに引くように意識してみてください。

そして、マスカラは長さの出るロングタイプを使い上まぶたと下まぶたの1本1本にしっかりと塗ること。

涙袋が小さい方はハイライトやラメの入った白のアイシャドウを塗って、ぷっくりと涙袋を強調するのも忘れないようにしてください。

 

アイメイクで目を大きく仕上げたら、次はアイブロウに取り掛かりましょう。

眉は細めよりも太めにするのがベターなので、眉尻が目尻の延長線上から僅かにはみ出るくらい、やや長めに書いていきます。

自眉が薄めの方は、ペンシルで書き足しながらしっかりとパウダーを乗せて濃い目に仕上げてくださいね。

 

唇はオーバーリップで重心を上に引き上げる

唇はオーバーリップで重心を上に引き上げる

リップメイクをする際は口角が上向きになるようにリップペンシルで輪郭を取り、オーバーリップ気味に塗っていきましょう。

オーバーリップにすることで顔の下半分の余白が減り、同時に重心が上に上がるのでリフトアップ効果も期待でき、しかも顔まで小さく見せることができます。

ただし、リップの色があまり濃いすぎるとバブリーな印象が強くなってしまうので、ピンク系かヌーディーなカラーを選びましょう。

 

メイクだけで顔を小さく見せたいときは、今回ご紹介したようなパーツメイクを試してみてください。

ベースメイクももちろん大切ですが、それそれのパーツを大きく際立たせることによって、自分でもびっくりするほどの小顔効果が得られるはずです。