ぱっちり目元を作る上ではもはや欠かすことの出来ないメイクアイテム「マスカラ」。

現在はボリュームタイプやロングタイプ、さらにはウォータープルーフタイプなど様々な種類のものが発売されていますよね。

そんなマスカラをより便利に、そして長く使うために知っておきたい2つの裏技をご紹介します。

半額

まぶたを汚さずにまつ毛にマスカラを塗る裏ワザ

まぶたを汚さずにまつ毛にマスカラを塗る裏ワザ

ビューラーでしっかりと上向きにしたまつ毛にマスカラを塗る時、まつ毛の根元に塗ろうとしてまぶたを汚してしまったという経験はありませんか?

一旦肌についてしまったマスカラは乾いてから少しずつ取るしかないため、メイクが中断されて必要以上に時間がかかってしまうことがあります。

忙しい朝のメイク時には、ほんのちょっとの時間ロスでも惜しいものですよね。

 

そこで、マスカラをまぶたにつけず上手に塗るために使いたいのがスプーンです。

名刺などをまつ毛にあててマスカラに塗るテクニックは以前から知られていましたが、実は名刺は紙が角ばっているので上手くまぶたにフィットせず、まつげの細い毛には中々マスカラがつきにくいという欠点がありました。

この欠点をカバーしつつ、マスカラが肌につくのを防ぐことができるのが食器のスプーンなのです。

スプーンは水洗いが出来るのでマスカラが付着してもお手入れが簡単ですし、小さめのティースプーンであればメイクポーチの中に入れて持ち運ぶこともできてとっても便利ですよ。

 

マスカラのダマや固まりを解消する裏ワザ

マスカラのダマや固まりを解消する裏ワザ

長期間マスカラを使わずにいると、マスカラ液が固まっていつの間にか固形化してしまいますよね。

こんな時は、マスカラ液に美容液などを加えて柔らかくするという方も多いと思いますが、マスカラ液に美容液を加えてしまうとテクスチャがやや柔らかくなるため、まつ毛への吸着力が弱まってしまいます。

まつげに長さを出すロングタイプのマスカラだと、思うような効果が期待できなくなってしまうケースもあります。

 

そこで、マスカラが固まってしまった時はマスカラ液に美容液を加えるのではなく、ケースごと温タオルで包んだり、お湯に浸けたりして温めてあげましょう。

マスカラをケースごと温めることでマスカラ液が柔らかくなり、成分はそのままの状態でまた以前と同じように使うことが出来ます。

 

マスカラを使う上で知っておくと便利な2つの裏ワザを紹介しました。

メイクをよりスムーズに行いマスカラを無駄なく使うために、ぜひ今回ご紹介した裏技を試してみてください!