「色っぽいね」と言われる女性に共通しているのは、透明感があり可愛すぎないメイクをしているところ。

ファッションで色っぽさを出そうとするとどうしても露出が多くなってしまい、時には大胆すぎるイメージを与えてしまいかねませんが、メイクで色っぽさを出すことが出来れば女子力も大幅にアップ!

セクシーさが欲しい!という女性の皆さん、これからのメイクは色気溢れる「色っぽメイク」にシフトしてみましょう!

半額

色っぽい目元を作るにはすだれまつ毛+赤シャドウ

色っぽい目元を作るにはすだれまつ毛+赤シャドウ
出典:weheartit.com

可愛すぎず色っぽさのある目元を作るには、まずまつ毛を作りこみ過ぎないのがポイントです。

目をぱっちり大きく見せるためにビューラーでまつげを上げている女性も多いと思いますが、色っぽメイクではまつげにビューラーは使わず下向きのすだれまつ毛のままでOK。

目を伏せたときに絶妙な陰影が生まれるすだれまつ毛は、大人っぽくしっとりとした女性を演出するにはぴったりです。

 

アイシャドウはボルドーのような赤みのあるカラーを選び、まぶたに薄く塗ってどこか憂いのある目元を作りましょう。

目がツリ目がちな方は下まぶたの目尻にブラウンのシャドウを足し、垂れ目になるようにメイクしてみてくださいね。

アイラインを引くと目元がキツく見えてしまう場合は、ノーラインで目の際に濃い目のシャドウを塗るだけでも大丈夫ですよ。

 

血色感を意識してぽっと内側から発色したようなチーク

血色感を意識してぽっと内側から発色したようなチーク

色っぽメイクでは、チークの色選びと塗る位置にもこだわりましょう。

チークの色は、キュートなピンク系よりもより自然な血色感を出すことが出来るレッド系かオレンジ系をチョイスしてください。

しっとりと濡れたようなウェットな質感の方が色っぽさがアップするので、チークはパウダータイプよりも肌づきの良いクリームチークを選ぶのがコツです。

キャンメイク クリームチーク14 アップルクリームレッド 2.3g

新品価格
¥626から
(2016/1/19 19:41時点)

チークを塗るときは、まぶたと頬骨の中間に楕円系を描くようにしてしっかりと塗りこみ、肌が上気しているかのように見せていきます。

ただし、あまり色をのせ過ぎるとわざとらしくなってしまうため、あくまで「自然な血色」の範囲に留めておくようにし、塗り過ぎにはくれぐれも注意してください。

 

メイクで色っぽさを作ることが出来れば、女性にとってそれは大きな魅力になること間違いなし。

もしも普段からメイクをしても色気がない、ボーイッシュだと言われるといった悩みをお持ちの方がいれば、ぜひ一度色っぽメイクを試してみてください。

きっとこれまでの自分とは違う、新しい自分の魅力に出会うことができるはずです。