シルエットやサイズ感にこだわった洋服選びをすれば、体型をカバーすることは可能です。

しかし、もっと細く華奢に見せたいときは「大きめのアイテム」をコーディネートに取り入れるのが効果的。

今年流行している「デカリュック」は、背負うだけで相対的に細く見えるまさに大きめアイテムの代表です。

今回は、そんなデカリュックファッションの着こなし方をレクチャーしていきます!

半額

巷では、リュックを愛用する「リュック女子」が流行中

リュックを愛用する「リュック女子」が流行中

「リュック女子」という言葉がある通り、最近の女性の間ではリュックが大ブーム。

リュックは生地も丈夫で撥水(はっすい)加工が施されているものが多いため、お手入れが簡単で普段使いからアウトドアに至るまで、様々なシーンで活躍する万能アイテムです。

 

アディダスやナイキなど、日本でも人気の高いスポーツブランドからも沢山の種類が発売されていますし、デザインもおしゃれなリュックが増えたのも女性人気が高い理由です。

カジュアルテイストのファッションを好む女性にとってリュックは昔から欠かせないアイテムでしたが、今はマニッシュファッションに取り入れたり、フェミニン系ファッションを好む女性も「外しテクアイテム」としてスポーティなリュックを取り入れるコーディネートをするようになりました。

ショッピングに行くときはリュックを背負えば両手が塞がらないですし、容量が大きくたくさんの物が入るという機能面の優秀さも、リュック女子を増やしている理由なのかもしれません。

画像の商品はコチラ

 

デカリュックの着こなし方のポイント

デカリュックの着こなし方のポイント

リュックの中でも特に人気なのが「デカリュック」です。

特に、背負うだけでお尻まで隠れてしまうようなビックサイズのリュックが飛ぶように売れていると言われ、人気のカラーはコーディネートしやすい黒がダントツの売れ行きとなっています。

関連:今季人気のお洒落なトレンドバッグ3選!季節ごとにファッションアイテムを変えよう!

 

デカリュックを着こなすときに気をつけたいのは、トップスとボトムの上下のバランス感です。

リュックはとてもボリュームのあるシルエットですから、ボトムにワイドパンツのような横に広がるアイテムを持ってきてしまうと、全体的に大きく太って見えてしまいせっかくの体型カバー効果も台無しになってしまいます。

そのため、デカリュックを合わせるときはボトムにスキニーなどの細身パンツを持ってきて、上半身と下半身のバランス感を整えてあげるとコーディネートがまとまりやすくなります。

画像の商品はコチラ

 

男性からも「華奢に見えるのでつい守ってあげたくなる!」と好評のデカリュック。

コーディネートのバランス感にさえ気をつけれいれば、どのような系統のファッションにもマッチしますので、ぜひ色々な洋服との組み合わせを楽しんでみてくださいね。