天気予報で雨の予報を見ると、つい「明日、何を着て行こう?」と考えてしまうことはありませんか?

雨の日はどうしても水や泥が跳ねて洋服が汚れてしまいがちなので、洋服選びにもいつもより気を遣いますよね。

しかし、雨の日のファッション選びには汚れ以外にも気を付けたいポイントがあります。

半額

雨の日のNG服

雨の日のNGファッション

雨の日はたとえ傘を差していても、少なからず肩や袖口、パンツルックであれば裾などが汚れてしまいがちです。

そんな日にニットなど水分を吸収しやすい素材の洋服を選んでしまうと、長時間濡れたままの洋服を着続けることになってしまい、身体を冷やしてしまう原因になります。

また、ニットによく使われているカシミヤなどの素材は、水分を吸収すると素材独特の匂いを放ってしまったり、縮んでしまうこともあるので、雨の日には極力着ないのが無難です。

 

雨の日は、レインブーツを履いていても足が濡れるのを避けられません。

足は一旦濡らしてしまうと一番身体を冷やしてしまうことになるので、撥水(はっすい)加工のシューズを選んだり、靴下の替えを持ち歩くなどの対処が必要です。

特にスニーカーは靴の中でも比較的水分を吸いやすいので、雨の日は履くのを避けましょう。

はく靴がスニーカーしかない・・・という場合は撥水スプレーで水を飛ばしましょう。撥水スプレーは靴だけでなくカバンにも使用できます。

[コロンブス] columbus AMEDAS アメダス防水スプレー 420ml

新品価格
¥1,598から
(2016/1/18 14:51時点)

雨の日に履く靴を選ぶ時は靴底が厚くしっかりしているものや、濡れてもすぐに乾く速乾素材を使用しているものがベター。

一番良いのはふくらはぎをすっぽりと覆ってしまえるロングタイプのレインブーツですが、レインブーツは長時間履いていると足が蒸れてしまうこともありますので、足の匂いケアグッズなどを持ち歩くようにすると安心です。

ドクター・ショール 消臭・抗菌 靴スプレー

新品価格
¥580から
(2016/1/18 14:53時点)

雨の日の革製品は注意が必要

雨の日の革製品は注意が必要

また、革製品のアイテムを雨の日に身に着けると、素材を痛めてしまう原因となるので気をつけましょう。

革製品は雨や水分に弱く、少し濡れただけでも傷がつきやすくなったり、濡れたまま放置しておくとカビが発生してしまいます。

雨の日にどうしても革製品のアイテムを着たいという場合には、先ほど紹介した様な防水スプレーを使って防水加工を施しておきましょう。

 

他にも、周囲の目を気にするなら雨に濡れてしまったときに透けてしまうシースルーや薄手の白シャツも避けるべきです。

ボトムなら裾が汚れてしまうマキシスカートや、濡れた時に色移りしやすい濃いめのデニムやカラーパンツも着用を控えた方が無難です。

 

現在は、おしゃれなレインコートやレインブーツが沢山発売され、雨の日でもおしゃれが楽しめるようになってきました。

雨の日は前もって「濡れる」ということを仮定して、慎重に洋服選びをするようにしましょう。