フレンチファッションの代名詞にもなり、日本でもマリンルックファッションには欠かせないアイテムとなった「ボーダー柄トップス」。

しかし、とってもメジャーなアイテムだけに、着こなしがなんとなくいつもと同じになってしまい、マンネリしているなとお悩みの女性も多いはず。

そんなボーダー柄を、ワンランクスタイルアップさせるためのコツを紹介します。

半額

着痩せ効果を狙いたいときの着こなし

着痩せ効果を狙いたいときの着こなし

ボーダー柄を着ると痩せて見えるというのはもはや常識。

しかし、一口にボーダー柄といってもベースとなる生地の色やボーダー自体の色、そしてボーダーの太さなどバリエーションはさまざまです。

 

着痩せして見えるボーダー柄は、ベースの色が黒やネイビーで、ボーダーが細めのもの。

ベースが白地だと上半身が膨張して見えますし、ここに太いボーダー柄が加われば横を強調して、より上半身のボリュームとインパクトを強めてしまうのです。

 

また、太いボーダーと細いボーダーが不規則に並んでいるデザインのものは、見る人の視線をちらしてくれるので上半身のボディラインが曖昧になり、着痩せ効果が期待できます。

トップスの上半分が無地で、下半分にボーダーがあしらわれているデザインは、ウエストをカバーしてくれる効果もありますよ。

画像の商品はコチラ

 

人と差をつけるボーダー柄コーデ

人と差をつけるボーダー柄コーデ

ボーダー柄のトップスと言われてぱっと思いつくのは、やはり白地にネイビーのボーダー柄。

しかし、そんな定番アイテムにちょっとスパイスを加えて人と差をつけるには、ネイビーに赤ボーダーや、白地にグレーのボーダーを選ぶと良いでしょう。

 

ネイビーに赤いボーダーのデザインは、より女性らしさを演出して、都会的で華やかな印象になります。

ベースがネイビーという落ち着いた色であっても、赤いボーダーが顔周りを明るくしてくれるので、黒髪などのダークカラーの髪色の女性にもおすすめです。

 

一方、白地にグレーのボーダー柄は、透明感が生まれるのでフェミニンやガーリーなファションに使えるアイテムです。

こちらも女性的な印象と柔らかな雰囲気を持ち合わせているので、初・夏ファッションに大活躍すること間違いなし!

ボトムに濃い色のデザインや柄物を持ってきてもうるさくなりすぎないので、一番コーディネートしやすいボーダー柄だと言えるのではないでしょうか。

 

着回し力のあるボーダー柄は、クローゼットに1枚は揃えておきたい万能アイテム。

アレンジ次第でどんなコーディネートにもマッチするので、毎日のファッションにぜひ着痩せ効果とハイセンスさをプラスしてみてくださいね。

画像の商品はコチラ