シンプルで力を入れ過ぎない「エフォートレスシックファッション」が流行する中で、シンプルなファッションのアクセントとして活躍しているのがシャツの腰巻きスタイル。

体型をカバーすることができ、リラックス感を取り入れらると人気のスタイルですが、今年の腰巻きスタイルにはちょっと小技が効いている様です。

関連:飾りすぎないファッション「エフォートレス・シック」とは?

半額

シャツの腰巻きスタイルは「やや斜め」がポイント

シャツの腰巻きスタイルは「やや斜め」がポイント
出典:weheartit.com

従来のシャツの腰巻きスタイルといえば、チェックシャツやデニムシャツを身体の正面で軽く結ぶ形でした。

しかし今年は、その結び目をあえて横にずらす着こなし方がトレンドになっています。

この時シャツもしっかりと整えずに、あくまでラフに巻きつけるようにすると、適度な力の抜け具合がより自然なカジュアル感を演出してくれます。

 

シャツの柄は、やっぱり定番のチェック柄をセレクトしましょう。

シンプルなファッションに赤やグリーンをベースにしたキュートなチェック柄を加えることで、コーディネートにアクセントがつき、裾の動きが視線を散らして脚を細くみせてくれる効果もあります。

大人のきれいめコーデを目指すなら、チェックシャツをデニムシャツに変えてみえると良いでしょう。

デニムシャツは生地が厚めにできているので、少しきつめに巻いておかないとすぐに腰から落ちてしまうので注意しましょう。

 

腰巻きスタイルはどんなボトムにもマッチ

 腰巻きスタイルはどんなボトムにもマッチ
出典:weheartit.com

チェックシャツの腰巻きスタイルはボトムの種類を選ばないので、どんな素材や丈でも似合います。

脚を大きく露出するショートパンツやミニスカートのようなショート丈のボトムに合わせると、ひざ下までの脚を覆い隠してくれるので、脚の太さカバーと防寒を一気に叶えてくれます。

 

一方、マキシスカートのようなロング丈のボトムに合わせると、シャツの結び目がウエストを絞ってくれるので、寸胴に見えてしまいがちなスタイルにメリハリが生まれます。

リゾートチックに着こなすなら、白をベースにしたマキシワンピースにデニムシャツの腰巻きスタイルがおすすめです。

ここにカンカン帽やかごバッグを合わせると、爽やかさとリゾート感もばっちり。

今年は去年に引き続きスウェット素材が流行っていますので、スウェット素材のマキシ丈ボトムと合わせてもカジュアルなスタイルに仕上がります。

 

もはや定番となっているシャツの腰巻きスタイルは、シャツの柄や合わせるアイテムが違えば、全く違う印象になるファッションの外しテクです。

毎年少しずつ変化するトレンドをきっちりと押さえながら、「今風」の着こなし方を模索してみるのも面白いかもしれませんね。