30代といえば、20代とは違ってファッションにも歳相応の装いを求めらます。

自分はまだまだ若いと思っていても、周囲はそうは思いません。

いつまでも若い頃と同じ感覚でファッションを楽しんでいると、周囲には「痛い女性」だと思われてしまう危険性も。

では、そんなアラサー世代の大人女子が気をつけるべきファッションのポイントとは何なのでしょうか。

半額

フリルやレースのミニスカートはアウト!

アラサーファッションフリルやレースのミニスカートはダメ

ミニスカートは若い女性が履くもの、という意識は、中高年や高齢者の方ほど持っているものです。

今はアラサー世代でも、ミニ丈のボトムを履く女性は多くなってきましたが、まだまだ目上の方には不快感を与えてしまうことの方が多いみたい。

 

特に、ロリータファッションやギャルを彷彿とさせるような、フリフリのデザインや、レースをあしらったガーリーなミニスカートは、大人の女性のファッションにふさわしくない、下品だというイメージを抱かれてしまうようです。

アラサー世代がミニ丈のボトムを履く時は、どんなに短くても膝丈10センチ程度、そしてデザインもシンプルなものを選ぶのがおすすめです。

 

ボディラインにフィットする洋服は避けるべき

アラサーファッション、ボディラインにフィットする洋服は避ける

普段から運動をして身体を鍛え、美しいボディラインを維持していても、30代になってからは、それを周囲にアピールするようなファッションはNG。

ボディコンのように、バストやウエストライン、そしてヒップが分かるような、身体にフィットするアイテムは、男性にも女性にも不評を買ってしまうことが多いため、避けたほうが無難です。

 

また、体型アピールと同じくらいタブーなのが、胸元の露出。

10~20代の頃なら許されても、30代ともなると、「やりすぎ感」が透けて見えるため、胸元を隠した上品なトップスを着るようにして、大人の女性感をアピールしたほうが、好感を持ってもらいやすくなりますよ。

 

リボンは20代まで!可愛すぎるファッションは卒業

アラサーファッション、リボンは20代まで!可愛すぎるファッションは卒業

ロングヘアの女性は、バレッタなどで髪をまとめることも多いと思いますが、大きなリボンをあしらった可愛いデザインを選んでしまっていませんか?

リボンの幅が狭かったり、サイズが小さければ良いのですが、あまりに大きいリボンを身につけると、年齢と子供っぽさのアンバランスに戸惑う人もいるようです。

ヘアアイテムに限らず、バッグや靴、小物類などは大きなリボンが付いているデザインは避け、自分の年齢に合った上品なものをセレクトしましょう。

 

ファッションは、「自分さえ良ければいい」というものではなく、人付き合いや仕事で関わる多くの人々にとって、不快感を与えない配慮のあるものでなくてはなりません。

30代ともなると、仕事でもプライベートでも責任感を求められるもの。

服装で評価を下げてしまわないように、常に清楚で品の良いファッションを心がけましょう。