魅力的で印象的な目元を作るには、アイメイクで適度な華やかさをプラスしてあげるのが1番。

特に、ふさふさで長く上にカールしたまつげは、瞳をぱっちりと愛らしく見せてくれますよね。

しかし、意外にも上まつげはしっかりとマスカラをつけるのに、下まつげはそのままという女性も多いと言います。

下まつげもきちんとメイクしてあげると、更に顔の印象が変わりキュートになれますよ。

半額

下まつげメイクが顔の印象や雰囲気を作る

下まつげメイクが顔の印象や雰囲気を作る

上まつげに比べ、下まつげは毛自体が細く本数も少なくなっています。

しかし、下まつげにしっかりとマスカラを塗ることで頬の面積が狭く見え、顔の重心が下がって見えるので、目の錯覚を利用して自然と小顔に見せることが出来るのです。

下まつげに使うマスカラを黒からブラウンに変更すれば、まるで涙を流した直後のように瞳をウルウルと見せることが出来るので、トレンドでもある可憐で儚げなメイクにも最適。

ベビーフェイスメイクから外国人風のハーフメイクまで応用できるので、下まつげメイクを取り入れないのはとてももったいないです。

関連:憧れのセレブになれる?ナチュラルなハーフ顔メイクを作る2つのコツ

 

デリケートな下まつげは優しくメイクをしてあげる

デリケートな下まつげは優しくメイクをしてあげる

下まつげメイクをする時は、上まつげと同じようにしっかりとビューラーでカールさせて上げると、仕上がりがより美しくなります。

下まつげにビューラーを当てるときは、ビューラー自体を逆さにしてから手首を上に持ち上げ、しっかりと根本に当たるように確認してから軽くプッシュしてカールさせましょう。

 

下まつげをカールさせたら、次にマスカラを塗っていきます。この時注意しなければならないのは、肌にマスカラがつかないようにすること。

下まつげは毛が短かく肌に近いのでどうしてもマスカラ液が肌についてしまいがちですが、マスカラのブラシの先を軽くしごいて余分な液を落とし、一本ずつ丁寧にぬっていくようにしましょう。

目尻側の毛は特に短くなっているので、マスカラのブラシを縦にして小刻みに動かし、長さが出るように数回に分けて塗っていくと失敗が少なくなります。

関連:キレイなまつ毛カールをキープするにはビューラーのやり方が重要!

 

カラーマスカラやアイシャドウで遊び心をプラス

カラーマスカラやアイシャドウで遊び心をプラス

下まつげをポイントメイクのアクセントにしたいなら、カラーマスカラを使ったりアイシャドウを重ね塗りするのもおすすめです。

カラーマスカラはそのシーズンのトレンドカラーを選び、下まつ毛の先端や目尻だけに塗ると派手になりすぎません。

 

また、バッグやアクセサリーの色味とカラーマスカラの色を合わせと、ファッションと雰囲気がマッチしてまとまり感が生まれます。

下まつげにマスカラを塗った後に、その上からアイシャドウを重ねるのも最近流行しているメイクアレンジの1つ。

特にラメの入っているアイシャドウを重ねると下まつげが涙袋の代わりになってくれるので、メイクの手間が省けますよ。

 

下まつげは重要なポイントメイクだということがお分かりいただけましたか?

ぜひ自分なりのアレンジで、下まつげメイクのバリエーションを増やして楽しんでみてください。