たくさんの野菜を食べながら効果的に痩せられるダイエット方法として、今注目を集めているのが「鍋ダイエット」。

いつもの食事を鍋料理に切り替えるだけという手軽さですが、簡単な方法なのにも関わらずその痩身効果は抜群だというから驚きです。

半額

栄養もたっぷりで代謝も上がる鍋料理

栄養もたっぷりで代謝も上がる鍋料理

鍋料理の特徴は、沢山の野菜やたんぱく質の肉や魚などを一気にバランスよく摂取できるところにあります。

また、温まったスープを一緒に飲めば汗をかいて代謝も上がり、全身の血行が良くなります。

血液が滞りなく流れようになると自然と日常生活の中で使うエネルギーも増えていくので、激しい運動をしなくても脂肪を燃やすことができるため、とても効率のよい痩せ方であると言えます。

 

さらに、鍋料理は「茹でる」「煮る」といった調理法が多く、油をほとんど使いません。

そのためどのような具材を入れてもヘルシーに仕上がり、具の持つ栄養は全てスープに溶けだすので、栄養成分を余すところなく体内に取り込むことが出来るのです。

 

ダイエットメニューとして鍋料理を作る時の具は、野菜を中心に選ぶようにするのがおすすめです。

野菜は火を通すとかさが減り、沢山の量が食べられるので野菜のもつビタミンやミネラルを豊富に摂取できます。

他にも低カロリーなきのこ類、豆腐、こんにゃくなどを加えてあげると、ヘルシーでありながら満腹感を感じられるダイエット向きの鍋を作ることが出来ます。

 

たれにはポン酢やノンオイルを使おう

たれにはポン酢やノンオイルを使おう

毎日3食を鍋料理にするのは難しいと思うので、夕食だけ鍋料理に置き換えましょう。

夜は胃の中の食べ物が消化されにくい為、鍋料理などあっさりしたメニューを夕食にすれば翌日の朝は心地の良い空腹感で自然と目が覚めるようになります。

 

ただし、このような鍋料理をする時にゴマだれやオイリーなドレッシングを使うと、せっかくのヘルシーさが台無しになってしまいます。

たれには、あっさりしたポン酢やノンオイルを選ぶようにしましょう。もし市販でこのようなたれが見つからなければ、自分で作ってしまうものアリ。

醤油やお酢を使い、薬味にネギをたっぷり加えてあげれば、あっさりした味付けの鍋でも飽きることなく沢山の量を食べる事が出来ます。

 

鍋料理の良いところは、毎回違った具材でバリエーションが豊富なところではないでしょうか。

マンネリ化したダイエットメニューばかり食べると次第に飽きてきてしまいますが、鍋料理は具材の組み合わせを変えてあげれば、いつも新鮮な気持ちで食事をとることが出来ます。

ヘルシーで栄養満点な鍋料理はまさにダイエットメニューにぴったりですね。