ダイエットにおいて食事はとっても重要なポイントです。

ダイエット中は食事量を減らしがちですが、食事量を減らしても栄養不足にならないようにバランスを調整し、尚且つ脂肪燃焼効果の高い食品を盛り込むなど、工夫次第でダイエットを強力にサポートしてくれるのが毎日の食事です。

こうしたダイエット中の食事と合わせて、積極的に取ったほうが良いと言われているのがプロテイン。プロテインは一般的にアスリートが飲んでいるイメージが強いかと思いますが、実はダイエット中の女性にとっても大きな味方だったのです。

プロテインがダイエットに及ぼす影響と、正しいプロテインの飲み方をおさらいしましょう。

半額

ダイエットをサポートしてくれるプロテインとは

ダイエットをサポートしてくれるプロテインとは
引用:weheartit.com

プロテインという言葉は聞いたことがあっても、実際にどのような成分でどんな効果を持っているのか知らない方も多いと思います。

プロテインというのはたんぱく質を抽出した成分で、体内に摂取されると主に筋肉や血液、髪や皮膚の生成に使われる栄養素です。

たんぱく質は主に肉や魚、あるいは大豆を使った食事によって摂取されますが、栄養バランスが偏っていたりたんぱく質の含有量が少ない食事ばかりをしていると体内のたんぱく質が不足し、筋肉に十分な影響が行き渡らなくなってしまいます。

 

筋肉は代謝をアップさせエネルギー消費を担っているため、その量が減ると代謝もぐんと落ち込み、俗にいう「太りやすい体質」になってしまいます。

そんな体内のたんぱく質不足を補ってくれるのが、たんぱく質を手軽に補給できるプロテイン。食事だけでは補えなかったたんぱく質をプロテインから吸収すれば、筋肉を強化して代謝をアップさせ痩せやすい体質に改善して、よりダイエットがスムーズに行えるようになるのです。

 

どれも同じじゃない!プロテインの選び方

どれも同じじゃない!プロテインの選び方
引用:weheartit.com

プロテインと一口にいっても、その種類は実にさまざま。プロテインは主に植物性たんぱく質の「ソイ」、動物性たんぱく質の「ホエイ」などがあり、材料が違えば当然身体に与える効果も異なってきます。

植物性のプロテイン「ソイ」は吸収が穏やかなのが特徴で、筋肉を強化させるだけでなく老化の原因である体内の活性酸素の発生を抑制して若々しさを保つアンチエイジング効果を併せ持っています。

活性酸素が増えれば外見にシミやシワが現れるだけでなく、内臓の動きが鈍ったり血管が錆つき血行不良を引き起こすなどデメリットばかりです。

内臓の働きが鈍れば当然脂肪燃焼効果も衰えますので、肥満になりやすい身体になってしまいます。

ザバス ソイプロテイン100 ココア味【50食分】 1,050g

新品価格
¥3,740から
(2016/5/6 06:51時点)

動物性のプロテイン「ホエイ」はソイと異なり体内に吸収されるのが早く、植物性に比べて筋肉になりやすい成分を大量に含んでいます。

主にウェイトトレーニング目的にプロが飲むのがこの「ホエイ」タイプのプロテインで、「ソイ」タイプに比べてよりダイレクトに筋肉を鍛えることができます。

このような特徴を考慮すると、ダイエットをする際にプロテインを選ぶなら、筋肉の強化と美容効果を併せ持っている植物性たんぱく質のソイプロテインの方が適していると言えます。

ダイエット中は身体の変化が肌にも表れやすくなりますが、ソイプロテインならこうした肌トラブルに対しても改善効果が期待できて一石二鳥ですよね。

ザバス ホエイプロテイン100 ココア味【50食分】 1,050g

新品価格
¥3,990から
(2016/5/6 06:52時点)

「痩せる」ためのプロテインの飲み方

「痩せる」ためのプロテインの飲み方
引用:weheartit.com

日本人の成人女性が一日に必要とするたんぱく質の量は約60グラム。

これは毎日三食の食事から十分に摂取できる量ですが、ダイエット中に運動をしたり、短期間で痩せたい女性はこの摂取量よりもやや多めのたんぱく質を摂取するのが望ましいと言われています。

 

プロテインを飲むタイミングは特に決まっておらず、好きな時間に飲んでも問題ありませんが、より筋肉の強化とダイエット効果を高めたいなら就寝前に飲みましょう。

これは、就寝中が身体の細胞が最も活発に働き筋肉がスムーズに作られやすいためです。人間の身体は22時〜2時の間成長ホルモンの分泌がピークを迎え、筋肉の生成や修復も主にこの時間帯に行われます。

成長ホルモンは日常生活の中で傷ついた細胞を補修しながら皮膚や骨、髪などを再生させていきますが、筋肉も例外ではありません。

成長ホルモンの働きによって就寝中に筋肉がアミノ酸と結びつくことで筋肉は強化されていくため、一日の中でプロテインを飲むなら就寝前がベストなタイミング、というわけなのですね。

 

市販のプロテインの多くは水に溶かして飲む粉末タイプがメジャーですが、就寝前に大量の水を飲むと身体が冷えて水分を溜めこんでしまいますので、翌朝むくみやすくなってしまいます。

就寝前にプロテインを飲むときは、身体を冷やさないお湯やホットミルクに溶かして飲むようにしてみてくださいね。

 

ドラッグストアやスーパーで手軽に購入できるプロテインは、筋肉量を増やしてダイエット効果を高めてくれるありがたい存在です。

今では女性のダイエッター向けにフレーバーのついた商品も売られているので、長期間飽きずに飲み続けることができるようになったのも嬉しいですよね。

短期間で痩せたい、あるいは思うようなダイエット効果が出ないという方はぜひプロテインの手を借りてダイエットを成功させてみてください。