ダイエット成功の秘訣とは空腹感を感じずに過ごすことにあります。

あまりにお腹がすくと、それまでダイエットをしていたことも忘れ暴飲暴食に走り、結果的にリバウンドしてさらに太ってしまいます。

そんな状態を防ぐためにも、ダイエット中でも満腹感を得られる食事の仕方をご紹介したいと思います。

半額

間食にりんごを食べる

間食にりんごを食べる

食事と食事の間、お腹が空きすぎて何かを食べたい!なんて状況になったらりんごを食べましょう。

りんごには胃の中で膨らむ食物繊維が豊富に含まれており、血糖値を安定させる効果があります。

空腹感をおさえる事が出来ますし、りんごのカロリーは100g当たり54kcalなので、間食しても太る心配はありません。

 

さらに食物繊維は腸内環境の改善を助けてくれるので、便秘にも効果があります。

腸内環境が改善されることにより食事の際、余分な栄養を吸収しなくなるので太りにくい体を作ってくれるのです。

りんごは歯ごたえのいい食材のため1つ食べるのにも時間がかかり、少ない量で空腹感を満たす事が出来るのでかなりオススメです。

 

ダークチョコレートを食べる

甘い者を食べたい時はダークチョコレートを食べる

いくらダイエット中といっても甘いものはどうしても食べたくなります。

我慢できなくなって暴飲暴食をしてしまうということを防ぐためにも、カカオを多く含んだダークチョコレートを用意しておくのがいいでしょう。

 

カカオに含まれる成分は、空腹の原因となるグレリンというホルモンの分泌を抑えて心を落ち着ける効果があります。

カカオには食事制限による空腹感というよりも、お腹は減っていないけど食べたいという衝動的な空腹感を抑える効果があるのです。

ただし、ダークチョコレートだからといって食べすぎてしまっては意味がありません。ちょっとした甘いものが食べたい時にダークチョコレートを食べましょう。

 

赤唐辛子を食べて食欲抑制

 赤唐辛子を食べて食欲抑制

辛いものは食欲をそそり、食べ過ぎてしまうんじゃ?と思う方もいるかもしれません。

しかし、赤唐辛子が入った食べ物を食べると食欲が減退するという研究結果が出ています。

さらに唐辛子に含まれるカプサイシンには発汗作用がありますので、代謝を良くし体内の脂肪を燃やしてくれます。

 

メキシコ料理に使用されるサルサや、韓国のキムチなど積極的に食べましょう!

関連:食べるだけでOK?体脂肪を減らす効果のある食べ物とは?

 

チアシードを食べて満腹感を得る

チアシードを食べて満腹感を得る

今非常に話題のチアシードは、胃の中で約10倍にも膨らむので少量でも満腹感を得やすい食べ物です。

普段の飲み物や食事に取り入れるだけで簡単に満腹感を得る事ができ、栄養豊富な食材なのでかなりオススメです。

 

以上、満腹感を得られる食事の仕方、空腹感を感じた時に食べるものを紹介しました。

キツイ食事制限は危険なので、しっかりと食べて痩せていきましょう!

アサイー・ビルベリーなど8種のベリーとチアシードがぎゅぎゅっ!