奈良時代に日本に伝来し、今では和食に欠かせない食材となっている大豆。その大豆を使って痩せる「大豆ダイエット」なるものが話題となっているのをご存知でしょうか?

大豆は良質の植物性たんぱく質を持つ食材であり、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをしてくれることから、今では化粧品やサプリメントにも利用されるようになりました。

大豆はこうした美容効果だけではなく、高い痩身効果を持っているダイエット食としての一面も持ち合わせているスーパーフードだったのです。

今回はそんなスーパーフード、大豆を使ったダイエット方法についてご紹介します。

半額

大豆ダイエットは食事に大豆をプラスするだけ!

大豆ダイエットは食事に大豆をプラスするだけ!

大豆ダイエットのやり方は食事メニューに大豆を加えたり、間食に大豆を食べるというとても簡単なものです。

大豆はたんぱく質だけでなく、食物繊維も豊富な食材。そのため、食事に取り入れると胃の中で食物繊維が膨張し、少量でも満腹感を感じやすくなるのです。

さらに、白米やおかずをいきなり食べ始めるのではなく大豆を先に食べることによって、血糖値の上昇を抑え食事から吸収した栄養を脂肪に変えにくくするという嬉しい働きもあります。

 

大豆は味に癖もなく、どんな料理にも合う万能食材。いつもの料理に「ちょい足し」するだけでダイエット効果が得られるため、カロリー管理やわざわざダイエット料理をつくるのが面倒というズボラ女性にはまさにぴったりな食材であり、簡単でオススメのダイエット方法だと言えるでしょう。

また、大豆はダイエット中の間食にも使える食材です。大豆ダイエットでは小腹が空いたときに大豆を食べることもOKなので、間食に大豆を利用することで空腹によるストレスを感じずに痩せることができるのも嬉しいですね。

 

大豆を食べると腸内環境が改善して代謝がアップ

大豆を食べると腸内環境が改善して代謝がアップ

大豆の中に含まれるたんぱく質は、腸内環境を改善して便秘を解消するのに役立ちます。女性の便秘の原因の多くは便の量が少ないことによる排便不順です。

つまり、食物繊維を摂取して便のかさを増やせば自然と腸壁が刺激され、排便が起こりやすい身体へとシフトすることができます。

 

大豆には食物繊維だけでなく、オリゴ糖も豊富に含まれています。

オリゴ糖は腸内の善玉菌を増やしてくれるため便秘を改善する働きをもっており、食物繊維との相乗効果でその働きがより活発になります。

便秘が改善されれば腸が活性化し、自ずとエネルギー代謝がアップするためダイエット効果も得やすくなるのですね。

 

大豆の食べ過ぎは体調不良を引き起こす原因に

大豆の食べ過ぎは体調不良を引き起こす原因に

大豆ダイエットでは毎日の食事の中に大豆を取り入れて痩せることを目的としていますが、気をつけなけばならないのが大豆の摂取量です。

大豆が持つイソフラボンは過剰に摂取してしまうと、乳がんや子宮内膜症など女性特有の疾患を発症するリスクが高まり、妊娠・出産に深刻な影響を与えるリスクがアップすると言われています。

そのため、1日当たりの摂取量は80ミリグラム程度に留め、くれぐれも過剰摂取にならないよう食べ過ぎには注意しましょう。

 

大豆の調理法はシーンによって変えるのがベター

大豆の調理法はシーンによって変えるのがベター

大豆は和食から中華、洋食まで幅広く利用できる食材ですが、大豆ダイエットを行なうなら食事シーンによって調理法を変えるのが最も効率の良いやり方です。

間食に大豆を食べるときは、歯ごたえがあるため咀嚼回数が増える炒り大豆がおすすめです。

炒り大豆は弱火で大豆を炒るだけで作れる簡単な料理。またタッパなどに入れておけば、持ち運びもできるので会社で食べるおやつとしても最適です。

炒り大豆は歯ごたえがあるので噛む度に顎の筋肉が刺激されていき、二重あごを解消してすっきりとしたフェイスラインを手に入れることができますよ。

 

一方で夕食に大豆を食べるなら消化の良い、蒸し大豆が良いでしょう。

乾燥した大豆をセイロやスチームクッカーで蒸して作る蒸し大豆は、冷蔵庫で長期保存もできるため常備菜にも向いています。

夕食で消化に時間のかかるものを食べると、就寝中もずっと胃の中に食べ物が残っている状態になります。このような状態は消化器系の臓器に負担がかかるだけでなく、寝ている間に栄養が脂肪として蓄積されやすくなるため、どうしても太りやすくなってしまうのを避けられません。

つまり、大豆を柔らかくして料理に取り入れることで、消化を早めることができます。そのため、就寝中の胃の中をからっぽの状態にすることができ、太りにくくなるというわけなのですね。

 

女性にとっては嬉しい美容効果がたっぷりの大豆。上手く食生活の中に取り入れると、美しさだけでなくスラリとした身体まで手に入るというのなら食べない手はありませんよね。

一般的に大豆の旬は秋と言われていますが、現在はスーパーなどで乾燥させた大豆が1年中手に入るため、季節を気にすることなく大豆を食べられるようになっています。

最近ちょっと太ってきたかも……と感じたら今年は大豆を食べてぜひダイエットを成功させましょう!