日本で古くから食べられてきた黒豆。いまその黒豆を利用した「黒豆ダイエット」なるものが流行していることをご存知でしょうか?

食卓では脇役のイメージが強い黒豆ですが、実は栄養もたっぷりで痩身効果も秘めている女性に嬉しい食材であることはあまり知られていません。

そんなダイエットをサポートしてくれる黒豆の痩身効果と、その黒豆を使ったダイエットのやり方をご紹介します。

半額

黒豆の持つ痩身効果の正体は「サポニン」

黒豆の持つ痩身効果の正体は「サポニン」

黒豆がダイエット食品として注目されたのは、サポニンという栄養成分の影響でした。

サポニンはポリフェノールの1種で、黒豆の他にはこんにゃくや高麗人参などに多く含まれ強力な殺菌作用と抗酸化作用を持つことでも有名な成分です。

また、サポニンは収縮した血管を広げて血行を促進する効果も持っているので代謝アップにも効果を発揮します。血液の流れがスムーズであれば自然と代謝もアップし、食事から吸収された糖分や脂質が短時間で排出されやすくなるため脂肪が生成されにくく、痩せやすい体質になることができるのは有名ですよね。

脂肪を減らしてくれると同時に、サポニンは強い抗酸化作用で錆びついた身体を若返らせてくれる働きも持っており、いつまでも若々しい身体を維持したい女性には必須の栄養素だと言えます。

 

イソフラボンが腸内環境を整えて便秘を改善

イソフラボンが腸内環境を整えて便秘を改善

黒豆の中にはイソフラボンと呼ばれる成分も含まれています。イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをする成分で、女性が美しさを維持するためには欠かせないものとまで言われている物質です。

イソフラボンは腸内環境を改善してくれる高い整腸効果を持っており、ダイエット中に積極的に摂取することで便秘を改善し余分な栄養の吸収を防ぐのに役立ちます。

便秘がちになると腸内環境が悪化し代謝が落ち込むので、黒豆を食べて常に腸をキレイにしておくことはダイエットにも非常に有効だと言えるでしょう。

 

黒豆ダイエットの代表的メニューは「煮豆」

黒豆ダイエットの代表的メニューは「煮豆」

黒豆ダイエットは一般的な置き換えダイエットではなく、1日3食の食事の中に150〜200グラム程度の黒豆を食べるだけというとってもお手軽な方法です。

ダイエットをしたいけど食事の量を減らすのは嫌!という女性でも、取り入れやすいのが黒豆ダイエットの人気の理由です。

 

黒豆の代表的な調理法はやっぱりオーソドックスな煮豆。煮豆にすると食事のおかずとして食卓に加えやすく、また小腹が空いたときの間食用おやつとして利用することもできて便利です。

ただし、黒豆を煮るときに砂糖の量には注意しましょう。大量の砂糖を使ってはせっかく黒豆を食べてもカロリーオーバーになってしまい、さらには糖分の摂り過ぎで太りやすくなってしまいます。

このような事態を防ぐためには、砂糖を天然甘味料のハチミツやメープルシロップに置き換えてみるのがベター。天然甘味料には砂糖に比べてカロリーも少なくビタミンも豊富なのでダイエットに悪影響を及ぼしません。

 

ドリンクを黒豆茶に変えて短期間ダイエットを叶える

ドリンクを黒豆茶に変えて短期間ダイエットを叶える

短期間で痩せたい女性は、煮豆よりも痩身効果の高い黒豆茶を飲むようにしてみましょう。

黒豆茶は、炒った黒豆にお湯を注いで作るお茶です。香ばしい香りとさっぱりとした風味が特徴で、脂っぽい食事と一緒に飲まれることが多いお茶の1つでもあります。

 

黒豆茶の中には、黒豆の中に含まれているイノシジンと呼ばれる成分が溶け出しています。イノシジンは体脂肪の分解を助けてダイエットをサポートしてくれる成分です。

つまり毎日のドリンクを黒豆茶に変えるだけで、皮下脂肪を減少させ短期間でスリムな身体を手に入れることができるというわけなのです。

黒豆茶に使った黒豆はお茶を飲んだ後で煮豆に調理することも出来るため、ムダがなく家計にも優しいのが嬉しいですね。

 

黒豆を白米に混ぜ込んでカロリー調整もできる

黒豆を白米に混ぜ込んでカロリー調整もできる

白米をたくさん食べてしまうという人は、柔らかく似た黒豆を白米と炊き込んでみるのがおすすめです。

枝豆やグリーンピースなどを使った豆ごはんは古くから日本で食べられてきましたが、実は黒豆もこれの豆類に劣らず白米と非常に相性の良い食材なのです。

黒豆を加えてご飯をかさ増しすると、炭水化物の摂取量が減るので自然と摂取カロリー量が減少していきます。また、黒豆の触感が入っていることで咀嚼回数が増えるため、満腹中枢を刺激すると同時に顎関節が鍛えられフェイスラインもすっきりしてきますよ。

白米に黒豆を混ぜ込むときは塩だけを使ったシンプルな味付けにすると、塩分過多にならず健康にも影響しません。

 

日本の和食に欠かせない黒豆の持つダイエット効果をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

黒豆はメインのおかずにはならない食材ですが、その代わり多くのアレンジ方法がありレシピも豊富。味付け次第によってどんな料理にもマッチするので食生活の中に取り入れやすいのです。

これまでダイエットが失敗続きだった方は、ぜひ手軽な黒豆ダイエットを実践してその痩身効果を体感してみてください。