気品ある女性というのはいつの時代も魅力的なものです。

今年はこの気品にエレガントさをプラスした雰囲気をメイクで作り出す「お嬢様メイク」が流行しています。

メイクでガラッと雰囲気を変えたい人や、上品な印象を見せたい女性に向けて、お嬢様メイクを短時間でマスターできる2つのコツをご紹介します。

半額

すっぴんを思わせるベースメイクで隙を作る

すっぴんを思わせるベースメイクで隙を作る

上品なお嬢様メイクでは、ベースメイクはあまり作りこまず素肌感を大事にするのがポイントです。

そのため、洗顔後にしっかりと肌を保湿してから下地・ファンデーションをごく薄く伸ばしながら塗り、最後にはティッシュオフして余分なファンデーションが顔に残らないようにします。

ファンデーションはリキッドタイプを使い、フェイスパウダーはブラシにとってから薄く顔に乗せる程度で十分です。

花王 ソフィーナ プリマヴィスタ 化粧のり実感 リキッド ファンデーションUV SPF25 PA (くずれにくいタイプ) オークル07

新品価格
¥2,880から
(2016/1/17 20:59時点)

チークは上品な印象に見せることができるコーラル系を選び、あくまで自然に見えるように頬骨の1番高い部分にブラシで薄くのせてください。

頬の高い部分にチークを入れると大人っぽくエレガントな印象になり、お嬢様メイクには欠かせない上品さがプラスされます。

エトヴォス ポンポンミネラルチーク コーラルベリー

新品価格
¥2,052から
(2016/1/17 21:01時点)

アイブロウは自眉を活かして描き過ぎないようにする

アイブロウは自眉を活かして描き過ぎないようにする

お嬢様メイクでは、眉はあまり「描かない・足さない」がルール。

自眉の毛流れを活かすようにして、いかにもメイクで描きましたという人工的さを与えないようにします。

自眉の長さが不揃いなときは、まずコームで軽く梳かしてからカットしブラシで毛流れを整えましょう。その後、薄いパウダーを自眉の上に重ねて少しずつ眉を描いていきます。

自眉が細めの場合は、眉の上ではなく下にパウダーで眉を描き足すようにしましょう。

 

眉の長さは、目尻の延長線上に重なるくらいがベスト。長すぎず短すぎないように、少しずつ調整していってくださいね。

眉の形が整ったら、今度は濃い目のパウダーを重ねてアイブロウを仕上げます。

お嬢様メイクでは眉はしっかりと濃い目に描くと、より上品な印象になり清楚な雰囲気が生まれます。

 

お嬢様メイクをする上で欠かせないベースメイクとアイブロウ。この2つのメイクをマスターすれば、あっという間に清楚でエレガントかつ上品なお嬢様の雰囲気を纏うことができるはず。

アイメイクはカラーレス、リップメイクはヌーディーカラーで仕上げると、やり過ぎ感のない引き算メイクも完璧です。

これからは女性にも品格が求められる時代です。まずはいつものメイクをお嬢様メイクにシフトして、雰囲気づくりからはじめてみましょう。