加齢と共に目立つようになる顔のほうれい線。

ほうれい線がくっきり刻まれた顔は実年齢よりも老けて見られる原因になるため、メイクでカバーしてあげなければなりません。

今回は、そんなほうれい線を目立たなくするカバーメイクのポイントを2つご紹介します。

最近ほうれい線が目立つようになってきたなと感じたら、ぜひ参考にしてみてください。

半額

ベースメイクでほうれい線をカバーする

ベースメイクでほうれい線をカバーする

ほうれい線を隠すためには、ベースメイクがとても重要になります。

ベースメイクを行なう時に気をつけるポイントは、厚塗りをしないこと、コンシーラーを使い光の反射を利用して顔を立体的に見せることの2つです。

顔にシミやシワ、ほうれい線などがあると、どうしてもその欠点を隠そうとして無意識的にベースメイクが厚くなってしまいがちです。

しかし、厚塗りをしてしまうと時間が経ってファンデーションがよれてきた時にシワが目立つようになってしまい、実は逆効果なのです。

 

化粧下地、ファンデーションを塗るときは、ごく少量を伸ばして薄付きにしてあげましょう。

ただ、それだけではほうれい線のシワをカバーすることは出来ないので、ほうれい線の上には肌の色よりも1~2トーン明るめのコンシーラーを塗り、光の反射を利用してほうれい線だけを白飛びさせます。

これで、見た目は薄塗りなのにほうれい線はしっかりカバーできるベースメイクの出来上がりです!

 

ファンデーションはパウダーよりリキッドをチョイス

ファンデーションはパウダーよりリキッドをチョイス

ほうれい線が目立つようになってきたら、パウダータイプのファンデーションではなくリキッドタイプのファンデーションを使うようにしましょう。

2つのファンデーションを使い比べてみると分かると思いますが、パウダーファンデーションは、カバー力こそ絶大であるものの、ファンデーションの粒子が顔の毛穴に入り込むため、ややマットな仕上がりになります。

パウダーファンデーションはリキッドファンデーションに比べて粒子が固いせいでメイクが崩れるのも早く、ファンデーションがよれることによってほうれい線が目立ちやすくなります。

柔らさがあり、水分量の多いリキッドファンデーションの方が、パウダーファンデーションに比べてカバー力では劣っていても、ほうれい線を目立たせないという点では優れているのです。

 

ほうれい線が目立つのは歳のせい、と自分に言い訳をして何も手を打たないでいると、いつまでも老け顔から脱出することが出来ません。

明日からでもベースメイクでほうれい線をカバーして、いつまでも美しく見られる努力を怠らないようにしましょう!

セザンヌUVリキッドファンデーションR10

新品価格
¥701から
(2016/1/6 05:50時点)