トップスとボトムの両方をニットにすると、なんだか着膨れて野暮ったく見えてしまったことはありませんか?

ニットは防寒性に優れた秋冬シーズンのマストアイテムですが、だからといって太って見えるのは女性にとって由々しき問題です。

そんな着膨れしがちなニット×ニットコーディネートを、スマートに着こなすコツについてご紹介します。

半額

色でスタイルに差をつけ着膨れを防ぐ

色でスタイルに差をつけ着膨れを防ぐ

ニット×ニットという同じ素材を使ったコーディネートは、全体的に見るとどこかのっぺりとして見えがち。

今年はタイト目よりも、ゆるっとしたルーズなニットが流行しており、ボトムもガウチョやワイドパンツなど太めのシルエットを持つパンツが主流ですよね。

 

トップスとボトムがこのようなトレンドアイテムのようにルーズなシルエットで、尚且つ、ともにニット素材を使用している場合は、どちらか一方のシルエットをタイトにするか、トップスを淡い色、ボトムを濃い色にしてカラーでメリハリをつけてあげるようにしましょう。

カラーでメリハリをつけるときにトップスの方に淡い色を持ってくるのは、上下のバランスを取りやすくするためと、顔周りを暗くしないためです。

 

また、ボトムの色を濃くし重心を下げることで、スタイルも良く見せることができるという相乗効果も狙えます。

 

ウエストマークでスタイルにメリハリをプラス

ウエストマークでスタイルにメリハリをプラス

ニット×ニットコーデの着膨れを防ぐには、ベルトやシャツの腰巻きを使ったウエストマークが便利。

ウエストの位置を明確にすることでスタイルにメリハリが生まれ、太って見えるのを防ぐことができます。

 

カジュアルな雰囲気にしたいときはデニムシャツやチェックシャツを腰に巻き、ドレスダウンをすることでリラックス感のある大人のファッションに。

エレガントかつ大人っぽくきめたい時は細身のベルトを巻くと、洗練された中にも女性らしいテンションが生まれ、こなれた印象になりますよ。

 

シックさをプラスするのなら、ベルトはニットと同系色で揃えましょう。

逆に、赤や青などビビットなカラーのベルトを選ぶと、都会的でハンサムなコーディネートに早変わり。

シーンによって使い分けも出来るため、オフィスでは同系色のベルトを使いアフターは明るめのベルトに取り替えても良いですね。

 

ニット×ニットコーデの着膨れを防ぐために、覚えておきたい2つのテクニックいかがでしたか?

秋冬シーズンは着膨れして見えるのは仕方ないと諦めるのではなく、ニットの色と小物使いをマスターして、一年中スタイルの良い女性でいられるように心がけましょう。