今年流行している、トップスもボトムスも白でまとめた「オールホワイトコーデ」。

清潔感もありますし、夏は特に爽やかに見えて今夏ぜひ取り入れたいコーデですよね。白色はレフ板代わりに光を反射して、顔色もよく見せてくれる効果が期待できます。

しかし、白は膨張色とも言われているので、全身ホワイトカラーは太って見えてしまいそう・・・と思っている方もいるかもしれません。

全身ホワイトカラーのコーディネートでも、ポイントを抑えるだけですっきり見えるのでいくつかご紹介します。

半額

流行のストライプ柄を上手に取り入れる

流行のストライプ柄を上手に取り入れる
出典:weheartit.com

最近流行のストライプ柄や、白地に紺や黒のピンストライプをあわせることで縦のラインが強調されてすっきりと見えます。

同じストライプでも、ピンストライプなどの線が細いストライプの方がよりすっきりスマートに見える効果があります。

例えば、ボトムスに白地のピンストライプのガウチョパンツや、くるぶし丈にまくったボーイズデニムなどをもってくれば、縦ラインが強調されることにより無地のホワイト×ホワイトコーデよりも細く、また背も高く感じられます。

ガウチョなどのゆったり系パンツは今年流行の形でもありますし、これならトップスがシンプルなTシャツでもすっきりおしゃれにみえますよね。

関連:女性をさらに可愛く見せる洋服!白を使ったホワイトカラーファッションとは

 

アクセサリーで目線をはずす

アクセサリーで目線をはずす

オールホワイトコーデはアクセントがないと、のっぺりとした印象になってしまいます。

のっぺりと平面的に見えてしまうと実際より膨張しているように感じてしまうため、アクセサリーなど小物をうまく取り入れてポイントを作りましょう。

大ぶりのネックレスや帽子など、上半身にポイントを持ってくれば目線が上に行くのでスタイルもよく見えます。

また、あえて小物だけグレーや黒などシックな色を持ってくれば、オールホワイトコーデの清潔感は崩さず、すっきりとした印象になります。

 

細い部分はあえて露出

細い部分はあえて露出
出典:weheartit.com

最近テレビなどでもよく耳にするテクニックですが、足首や手首など全身のパーツの中でも細い部分を見せるようにすれば、すっきりとした印象を与える事が出来ます。

長袖シャツなら袖をまくってあえて手首を出したり、足元は半端丈パンツやロールアップデニムなどで足首を出すなど、たったそれだけでも印象はかなりすっきりしてスマートに見えます。

また、細い部分を露出させることにより、より女性らしく見える効果もあるので是非試してみてください。

 

数ある色の中でも白は男性からの印象も良いカラーですし、何より爽やかで清潔感がある印象を与えます。

今年はぜひ全身ホワイトのコーデにも挑戦してみてはいかがでしょうか。