そのまま着ることができ、腰巻きにも使えるチェックシャツ。

一年中使える便利なアイテムですが、ややカジュアルな印象が強いだけに、オフィスファッションには不向きだと思っている女性も多いのではないでしょうか。

しかし、チェックシャツだって柄のチョイスと着こなし方次第では、オフィスファッションに使えるアイテムに早変わりするのです。

半額

ジャケットに合わせて、キレイめに着こなす

ジャケットに合わせて、キレイめに着こなす

白いシャツにジャケットという定番のオフィスファッションだと、やや隙がなく近寄りがたい印象をもたれがち。

そんな時は白シャツをチェックシャツにトレードして、カジュアルダウンをはかってみましょう。

ジャケットのインナーに合わせるときは、細かいギンガムチェックや、格子状のグラフチェックなどがおすすめ。

ベースカラーは白や黒といったモノトーンを選ぶと、シックな装いになるので打ち合わせや会議シーンでも失礼になりませんよ。

 

チェックシャツはボタンを全てとめてしまうと野暮ったくなるので、1~2個ボタンを外し、デコルテを見せて着るようにしてください。

ジャケットの袖をロールアップし、チェックシャツの柄が見えるようにすると、さらにリラックス感が生まれ、堅苦しくなりすぎないオフィスファッションになりますよ。

 

センタープレスパンツと合わると「デキるオンナ風」に

センタープレスパンツと合わると「デキるオンナ風」に

黒や白のセンタープレスパンツにチェックシャツを合わせると、チェックシャツのカジュアルさが打ち消されて、一気にエレガントに。

パンツに合わせるときは必ず裾をボトムにインし、ベルトでウエストマークしてタイトに仕上げると、チェックシャツをドレスアップすることができます。

 

チェックシャツを赤やグリーンなど、鮮やかな色味のものにしたいときは、黒やグレーといったシックな色のパンツを合わせましょう。

画像の商品はコチラ

 

美ラインのスカートと合わせてレディに仕上げる

美ラインのスカートと合わせてレディに仕上げる

チェックシャツにタイトなシルエットをもつペンシルスカートやタイトスカートを合わせると、パンツとはまた違ったデキる女風コーディネートの出来上がり。

Aラインスカートのようにふんわりとしたシルエットのスカートでは可愛くなりすぎるところを、タイトなスカートを選ぶことで引き締め、チェックシャツのカジュアルさを中和することで、オフィスに着て行ってもカジュアルすぎない程よいバランスになります。

 

どうせ服を買うなら、普段使いも出来てオフィスにも着ていける服が良いという思いは女性共通。

普段はカジュアルに着こなしているチェックシャツも、ジャケットやセンタープレスパンツ、タイトスカートといったオフィスファションの定番アイテムと合わせることで一気にドレスアップし、オフィスシーンにふさわしい着こなしになりますよ。

画像の商品はコチラ