秋冬のマストアイテムといえば、なんといってもニット!

様々なデザインのニットが店頭に並び、毎年どれを買おうか迷う女性も多いはず。

そんなニットですが、今年のトレンドはずばり「ゆるニット」。

ルーズなシルエットが特徴の「ゆるニット」の着こなしのコツを、今からきっちり押さえておきましょう。

半額

ゆるニットはタイトなボトムでメリハリをつける

ゆるニットはタイトなボトムでメリハリをつける

ゆるニットの特徴は、彼シャツに通じるルーズなシルエットです。

サイズは、本来の自分のサイズよりも2サイズ上を選ぶくらいのオーバーサイズにするのが今年流。

その代わり、ボトムは脚にぴったりとフィットするスキニーや、コンパクトなショートパンツを選びましょう。

 

ゆるニットと同じくルーズなシルエットのワイドパンツを選ぶと、一気に野暮ったくなってしまうので気をつけましょう。

トップスはルーズに、ボトムはタイトに、がゆるニットを上手く着こなすための鉄則です。

画像の商品はコチラ

 

小物使いでスタイルアップを狙おう

ゆるニットは小物使いでスタイルアップを狙おう

ゆるニットは、丈がやや長めになっているデザインが多め。

そのため、トップスというよりはミニワンピースやチュニックのような感覚でコーディネートすることができ、小物使いによって着こなしの幅を広げることが可能です。

たとえば、細身のベルトをゆるニットの上に身につければ、丈も調節できますし、ウエストマークで着痩せ効果も期待出来ます。

 

また、シンプルな無地のゆるニットなら、ビジューをあしらった大ぶりのアクセとの相性も抜群。

襟が詰まっているものならば、つけ襟をつけて清楚なお嬢様風にするのも可愛いですね。

画像の商品はコチラ

 

レイヤードスタイルもスリムにまとまる

レイヤードスタイルもスリムにまとまる

ニットの下にインナーやシャツを重ね着するレイヤードスタイルはコーディネートの定番ですが、ジャストサイズのニットだと、どうしても着膨れして見えるという女性も多かったのではないでしょうか。

でも、ゆるニットならそんなお悩みとも無縁!

中に厚手のシャツを一枚着込んでもシルエットが着膨れすることもなく、むしろ体型カバーをしてくれるはず。

こなれ感を演出するなら、袖をロールアップしてややカジュアルな雰囲気にしてしまうと良いでしょう。

 

レイヤードするアイテムによってがらりと印象を変えられるので、黒や白、グレーやベージュなど、ベーシックでどんな色とも合うゆるニットを1~2枚揃えておけば、秋冬のコーディネートが楽ちんになること間違いなし!

ゆるニットは、形や色、そしてニットの網目によっても雰囲気が変わるアイテムです。

網目の細かいシンプルなタイプと、レイヤードスタイルが映えるざっくりした網目のタイプを1枚ずつクローゼットに揃えておくと、どんなコーディネートにも対応できて便利ですよ。

画像の商品はコチラ