身に着ける人の顔立ちによって似合う、似合わないがはっきりしてしまうハット。

しかし、一度自分に似合う形や色を見つけてしまえば、いつものファッションを一気にオシャレにしてくれる優秀アイテムなだけに、似合わないからとチャレンジしないのはもったいないです。

帽子には様々な形がありますが、それぞれどんな人に似合うのかを見ていきましょう。

半額

様々な帽子を使い分けよう

様々な種類の帽子

まずは男性にも女性にも人気の高い帽子「ハンチング」。ハンチングは元々、激しく動いてもずれないようにと生み出されたイギリスの帽子です。

あの独特の形は一見コーディネートするのを難しく感じさせますが、顔の輪郭が丸顔や面長の方、またはエラがはっているような逆三角形の顔立ちの方に似合うとされています。

ハンチングを被った時に小顔に見せるためには、つばが広いものを選ぶのがポイント。

女性らしさを感じさせるレース素材や、グレンチェック柄のハンチングはフェミニンな雰囲気にもマッチします。

中折れ帽子が向いている輪郭
出典:weheartit.com

おしゃれ上級者ご用達といったイメージが強い「中折れ帽」は、顔の輪郭を選ばずどんな方にも似合うデザインと言われています。

逆三角形型など顔の横幅が大きめの方はツバが大きめのものを選び、顔が小さい方は帽子に負けてしまわないように、やや小ぶりで細身なデザインのものを選ぶようにしましょう。

ベレー帽は似合う人
出典:weheartit.com

ガーリーでナチュラルな可愛さを持つ「ベレー帽」は、形をよく見て購入することが大事です。

丸顔や面長の方はポンポンなどが付いたものを選ぶと、目線をベレー帽に誘導して輪郭が目立たなくなりますし、何もついていないシンプルなデザインのベレー帽は小顔の人向きだと言えます。

関連:ショートとロングヘアで違う!ベレー帽のおしゃれなかぶり方

 

帽子のかぶり方にも気をつけよう

帽子のかぶり方にも注意

紹介した様に、帽子の形やデザインは被る人の顔の形によって大きくイメージが変わりますが、実は帽子のかぶり方にもコツがあります。

丸顔の方は基本的にどんな被り方でも似合います。ただ、よりバランスを意識するならツバをやや上に持ち上げるようにして、浅めに被ってあげるのがベスト。

顔が逆三角形型の場合は丸顔の逆で、ツバが斜め下になるように目深にかぶってあげると輪郭が目立ちません。

面長の方はトップの部分に高さがなくつばが広いデザインの帽子を、深めにかぶってあげると顔の長さを和らげることができます。

 

帽子は洋服と同じようにシーズンごとに様々な素材やデザインのものが販売されます。

季節によって服を着替えるように、帽子もそのシーンに合ったものをセレクトし上手く着こなしていきましょう!