女性が着るとその可愛らしさをよりアップさせてくれるという「ホワイトカラー」。ホワイトが持つ色のイメージは清楚、純粋、無垢などです。

そのため、上品さを演出する際には白は欠かせない色といっても過言ではありません。

結婚式のウエディングドレスにも白が使われているように、白は他の色とは違う「神聖さ」も兼ね備えているのです。

半額

白は好感を抱きやすいカラー

白は好感を抱きやすいカラー
出典:weheartit.com

白は女性だけでなく目上の方や男性にも人気の高い色です。

インターネット調査によると、女性が着ると好感を持つ色は?という問いに多くの人が「白」と答え、白は好感を抱きやすい色第一位に選ばれています。

では、白い洋服を着るとなぜ女性は可愛くみえるのでしょうか?

 

まず、白い洋服というのは光を反射させ、顔をレフ板のように明るく照らしてくれる効果があります。

そのため、顔のシワを目立たなくさせてくれたり顔色を良く見せてくれるので、女性がより輝かしく美しく見えるのです。

白の効果はそれだけではなく、白い洋服はちょっとしたことで汚れてしまうため、いつもより行動に気を配らなくてはなりません。その気を配った振る舞いが周囲に「女性らしい仕草」という印象を与えてくれるのです。

 

また、白いアイテムにパステルカラーを合わせると、ふんわりと優しげな雰囲気を出す事が出来ます。

優しい女性は母性を感じさせるため、男性にとってはとても魅力的なのです。

関連:1年中着回せるファッションだった?お洒落なパステルカラーを着こなす!

 

白は膨張色なので注意が必要

白は膨張色なので注意が必要

一方で白は膨張色と呼ばれ身につけると太って見える色でもあります。

可愛く見せたいからと全身を白一色でコーディネートしてしまうと、身体のラインがぼやけ全体的に太って見えてしまう事があります。

 

また、肌の色によっては白が似合わない女性もいるため、白のファッションアイテムを選ぶときは必ず試着をして顔色が悪く見えないかを確認しなければなりません。

白にも青みがかったホワイトや、アイボリーホワイトなど僅かに色味が異なるカラーがあります。

青みがかった白は似合わなくてもアイボリーホワイトなら馴染むという事も珍しくないため、似合わないと諦める前に自分に似合う「白」を探してみましょう。

関連:白色の服を着こなす!ホワイトカラーファッションのコーデとは?

 

ホワイトカラーのファッションアイテムは、その汚れやすさから長く着用するのが難しい場合があります。

お気に入りのアイテムでも汚れをそのままにして着用を続けると、可愛くみられるどころか清潔感がないと思われかねません。

他のカラーに比べてホワイトカラーはお手入れにも手間がかかりますが、それだけの価値はある万能アイテムだと言っていいでしょう。