冬は手放せないマストアイテムのコート。今年はそのコートの下にアウターを合わせる「コート・オン・コート」という着こなしが大流行。

防寒効果もあり、レイヤードでおしゃれ度もアップするコート・オン・コートの2大トレンドを一足先にチェックしておきましょう。

アウター選びに悩んでいる方も、コート・オン・コートをマスターするとぐっと着こなしの幅が広がりますよ。

半額

リラックス感のあるロングガウン+ライダースで甘辛MIX

リラックス感のあるロングガウン+ライダースで甘辛MIX

ハンサムな印象の強いライダースジャケットは、大人女子にとっては定番とも言えるアウター。

しかし、ライダースジャケットを一枚で羽織るとどうしてもハードな辛口コーデになってしまいがちですよね。

 

そんなライダースジャケットのハードさをマイルドにしてリラックス感をプラスしてくれるのが、ざっくりとしたニットの質感が魅力的なロングの「ガウンコート」。

ライダースジャケットが黒ならば、グレーやネイビーなどダークカラーでまとめても良いですし、キャメルのライダースジャケットならば、ベージュやホワイト系の淡いロングガウンをチョイスするとバランス感もばっちり。

ロングガウンコートはトレンチコートのように背中でベルトを結ぶと、ウエストが細く見えるので着痩せ効果も期待でき、全身のスタイルアップもかないます。

画像の商品はコチラ

 

トレンチコート+ジャケットで失敗知らずの鉄板コーデ

トレンチコート+ジャケットで失敗知らずの鉄板コーデ

もはや定番のコートとなったトレンチの下にテーラードジャケットを合わせると、大人の余裕ただようキレイめコーデの完成です。

今年はさらに、テーラードジャケットの下にパーカーやスウェットのようなカジュアルなインナーを合わせる外しテクが人気。

少し力の抜けたスウェットはジャケットをカジュアルダウンしてくれるため、デイリーファッションにも使える万能なアイテムです。

 

トレンチコートがベーシックなベージュやネイビー、カーキといった落ち着いたカラーならば、ジャケットは黒やネイビーのようなダークカラーでまとめましょう。

マスタードイエローやグリーン、ブルーのようなビビットなカラーならば、グレーのように明るめのカラーをセレクトすると色同士が喧嘩せず、配色バランスもばっちりです。

 

コート・オン・コートは、ダウンジャケットのようにボリュームのあるコートだと着膨れしてスタイルが悪く見えてしまう可能性があるため、トレンチコートやロングガウンコートのように薄手のコートでまとめる方が向いている着こなしです。

ボリューム感のあるコートを一枚で着るのも良いですが、今年はコート・オン・コートの着こなしでレイヤードスタイルをめいっぱい楽しんでみても面白いかもしれませんね。

画像の商品はコチラ