私は学生時代から色々なダイエットに挑戦したのですが、一番のおすすめが「自重筋トレダイエット」です。

種類が多くトレーニングの方法が色々ありますが、その中から特に良かったものをご紹介したいと思います。

半額

自重筋トレダイエットとは?

自重筋トレダイエットとは?

筋トレには器具を使うものと自重(自分の体重)で行うものがあります。

二の腕など運動しづらい部分は器具を使うのも良いのですが、基本は自重の筋トレをおすすめします。

女性の場合、筋肉をつけすぎてしまうとシルエットがたくましくなり女性らしさが失われてしまうので、その点からも自重での筋トレをおすすめします。

関連:体に負荷をかける筋トレ「スロートレーニング」の方法やダイエット効果とは

 

腹筋の鍛え方

腹筋にもたくさんの種類と鍛え方がありますが、下腹の鍛え方をご紹介します。

下腹をしっかり鍛えるには、深い腹筋運動が必要です。

 

一般的に思い浮かべる腹筋の体勢をとります。仰向けになって膝を立て、上半身を起こす体勢です。

上半身を上げる時ですが、腕は胸の前でクロスして組みます。

そしてひじをひざにつけるように最後までしっかり上体を起こします。こうすることで下腹に効果がある腹筋が出来ます。

 

背筋の鍛え方

背筋を鍛えるには、うつ伏せになって手足を外に伸ばします。

その状態から右手左脚、左手右脚をセットにしてバタバタと動かします。

この時に背筋を動かしているというのをしっかり意識してください。1分間を3セット行いましょう。

 

ヒップアップ効果のあるトレーニング

ヒップアップ効果を得るトレーニングは、まず腕を体側に沿わせ手のひらを床に付けて仰向けに寝ます。

そして、ひざを曲げて足の裏を床に付けます。そのままお尻を上げて、ひざから頭のラインをまっすぐにします。ゆっくり上下し30往復しましょう。

 

トレーニング中は、おしりの筋肉を使っていることをしっかり意識してください。

すぐに効果が出ますし、ヒップアップすることで足長効果も出るのでおすすめです。

 

体幹トレーニング

筋トレをしていく上で、身体全体のバランスはとても大切です。

簡単な体幹トレーニングの方法は、うつ伏せの状態で胸の前でひじをつき、足の指の腹で地面を押して上体を起こします。

頭からかかとまでのラインをまっすぐに保ちます。これが基本姿勢です。

この体勢を1分維持し、10秒休憩するのを1回とカウントします。これを3回1セットで1日に3回行いましょう。

 

以上がおすすめの自重筋トレダイエットです。

どれも道具が要りませんし、自分のできる回数から始められるのでおすすめです。テレビを見ながらでも可能なので、是非挑戦してみてください。