基礎代謝は年齢を重ねるにつれどんどん落ちていくという情報はCMなどでもよく見かけます。

それが実感として分かるのは、やはり食事量が変わっていないのにお腹回りが気になり始めた時ではないでしょうか。

ウエストは一番始めに痩せやすく、同時に脂肪がつきやすい場所でもあります。

年齢による基礎代謝の低下だから・・・といってカロリーを減らしてもいずれ無理がきてしまいますし、美味しいものは我慢せず食べたいですよね。

お腹回りが気になり出したら肉体改造のチャンス。簡単でしかも本格的なドローインの動きで美しいくびれをつくる事ができます。

半額

凹ませてくびれ状態を筋肉に記憶させる

凹ませてくびれ状態を筋肉に記憶させる
ドローインとはお腹を凹ませキープする動きの事で、スポーツ選手のトレーナーも取り入れているプロの現場でも活用されるトレーニング方法です。

ウエストのラインが緩んでくるのはウエストを絞る筋肉を使わず、たるんだままの状態で居続けている事が原因です。

凹ませる動きで上半身から骨盤回りまでの広範囲の筋肉を鍛える事ができ、低下した代謝分の脂肪燃焼を取り戻してくれます。

 

さらに、一部の筋肉しか鍛えられない腹筋運動と違い、お腹回り全体に働きかけるので大幅なサイズダウンと代謝アップが見込めるのです。

ドローインしながら歩くだけで、なんとカロリー消費量が40%も上がるというデータもあります。

関連:お腹を凹ますだけ!働く女性にぴったりなドローイングダイエットで瘦せよう!

 

美くびれへの近道にはベルト一本でOK

美くびれへの近道にはベルト一本でOK

エクササイズの効果をさらに高めるためには、ウエストにベルトで軽い圧をかけて常に意識が向くようにする事です。

ドローイン用のベルトもあるのですが、普段のエクササイズなら市販のベルトで十分に役立ちます。

サイズ変更がしやすく穴の数が多いもの、ムレにくいメッシュタイプのものが特にお勧めです。

モビバン(mobiban) モビベル Slim Core Belt ピンク(一般向け) MB001

新品価格
¥2,998から
(2016/2/24 06:00時点)

ドローインダイエットのやり方は軽くお腹に力を入れ、凹ませ状態を作ったらベルトを装着します。

無理のない範囲でそのままキープし続けるのですが、その間は何をしていても構いません。

早く結果を出そうと無理矢理締め付けるのはストレスになりますし、筋肉への負担も大きいので、苦しくない程度に留めておいて下さい。

慣れてくればベルトを外しても、凹ませ状態をキープするのが苦にならなくなります。

 

減量だけでは得られない、美しいくびれは筋肉で造られます。

筋肉は使えば使うほど形を覚えてくれるものなので、結果どんどんラインが引き締まりキレイになれるのです。

早速クローゼットからベルトを取り出して、分単位からトライしてみてはいかがでしょうか?