男性に比べて筋肉がつきにくい女性の身体は、どうしても脂肪が多くなってしまうもの。その中でも特にお腹や腰は内臓を守るために皮下脂肪を蓄えやすく、気を抜くとすぐにぽっこりお腹になってしまいます。

下腹がぽっこり出てしまうとボディラインにメリハリがなくなってしまうため太って見える原因に。

今回はそんなぽっこり下腹を改善するダイエット方法をご紹介します。

半額

オフィスの中で出来る腹式呼吸ダイエット

オフィスの中で出来る腹式呼吸ダイエット

ぽっこりお腹の原因の1つは、筋肉量の低下による腹筋の衰え。つまり、日頃から腹筋を鍛えるエクササイズをしていれば自然とぽっこりお腹は改善できるのです。

でも毎日エクササイズを続けるのは大変ですよね。そんな時に試してほしいのが、デスクワークの最中にできるインナーマッスルを鍛える複式呼吸です。

複式呼吸はいつでもどこでも行なうことができるため、仕事中や通勤時間のちょっとした空き時間を使って行なうことができます。

 

座ったまま複式呼吸をする際に気をつけるのは姿勢です。

椅子に腰掛けるときはあえて浅めにして、背筋をしっかりと伸ばして足を肩幅くらい開き、この姿勢のままゆっくりと息を吸い、お腹に息が溜まっていくのを感じたら今度は鼻からゆっくりと息を吐き出していきます。呼吸をするときは息をゆっくり吸い、ゆっくり吐くように意識してください。

日常生活の中では息を浅く吸いがちですが、腹式呼吸を使って深く息を吸うようにすれば腹筋に負荷がかかりインナーマッスルが鍛えられぽっこり下腹も改善していきます。

関連:ズボラ女子でもOK!ぽっこり下腹を引っ込める4つの解消法

 

ぽっこり下腹を解消するレッグレイズダイエット

ぽっこり下腹を解消するレッグレイズダイエット

より短期間でぽっこり下腹を改善したければ、寝る前の5分を使って腹筋を鍛えるレッグレイズエクササイズを行ってみましょう。

レッグレイズとはいわゆる「足上げ運動」のことで、身体への負担も少ないため女性でも続けやすいエクササイズです。

やり方もとても簡単で、まず仰向けに寝たら足の裏を床につけたまま膝を立て、ゆっくりと太ももを上に引き上げるようにして浮かせていきます。膝が胸につくくらいに足を浮かせたらその体勢を5秒ほどキープ。そのあと、ゆっくりと足を降ろしていき、この動きを1セットにして朝晩5回行います。

足上げをしている最中は大きく息を吸って腹式呼吸を行うと、より下腹引き締めの効果が高まりますよ。

 

レッグレイズはベッドの上で行っても問題ありませんが、ベッドやマットを使うと足を上げたときに身体が沈み腰に大きな負担がかかって腰痛を引き起こすこともあります。

できればフローリングの上に薄いタオルケットなどを敷いて行なった方が、腹筋だけを効率的に鍛えることができます。

 

下腹痩せにも効果抜群の骨盤矯正ダイエット

下腹痩せにも効果抜群の骨盤矯正ダイエット

ぽっこり下腹は骨盤の歪みによっても引き起こされます。普段から姿勢が悪かったり出産後骨盤が開いている女性にぽっこり下腹が多いのは、骨盤が歪み脂肪がつきやすくなっているからとも言われています。

骨盤の歪みが引き起こすぽっこり下腹は、骨盤を正しい位置に戻すよう矯正すれば短期間で改善することも可能です。

 

骨盤矯正は専用のベルトを使う方法もありますが、わざわざベルトを購入しなくてもバスタオルで代用できます。やり方はバスタオルを四つ折りにして腰に巻き、ややきつく結んで腰を締め付けるだけ。

週末など自宅にいる時間は常にバスタオルを腰に巻いて家事を行えば、タオルの圧力が骨盤の歪みを矯正し正しい位置に戻してくれます。

バスタオルがすぐに落ちてしまう場合はタオルの上からベルトを巻いてもOK。ただしあまりきつくベルトを締めると血管が圧迫されて内出血を引き起こしたり、皮膚が擦れてしまうので注意してください。

 

お腹の脂肪をつまんで下腹痩せを叶える「つまみダイエット」

お腹の脂肪をつまんで下腹痩せを叶える「つまみダイット」

普段から猫背気味でお腹を長時間圧迫していることが多い方は、お腹周辺が血行不良になり老廃物が溜まりやすくなっていると考えられます。

このような状態が続けば当然脂肪が効率的に燃焼されなくなり、お腹周りに脂肪がつきやすい体質になってしまいます。

 

こうした腹部の血行不良は脂肪を蓄積させるもとですが、毎日こまめにマッサージを行い、脂肪を揉んであることによって老廃物が排出され下腹が痩せていきます。

お腹の脂肪をマッサージするときはやはり両手を使って揉みほぐすのが1番ですが、テレビを見たり作業をしている合間に片手でつまむだけでも十分なマッサージ効果を得られます。

気がついたときに脂肪を揉むように習慣づけると、徐々に腹部の血行が改善するため脂肪を溜めにくい体質になることができますよ。

 

ぽっこり下腹はスタイルを悪く見せるだけでなく、スタイル管理ができていないズボラな女性という印象を与えてしまうため、できるだけ早く改善しましょう。

露出の多い季節になる前に今回ご紹介したようなダイエット方法で腹筋を鍛え、不要な脂肪を燃焼させて引き締まった美しいお腹を手に入れてみてくださいね。