不規則な生活習慣やストレスの影響で、髪が細くなり抜け毛が増えるというケースが増えています。

このような状態が長く続くと頭皮が目立つようになってしまい、最悪病院での治療が必要になることもあります。

健康的な髪の毛を維持するためには、どのような事に気をつければ良いのでしょうか。

半額

ヘアサイクルによって生え変わる髪の毛

ヘアサイクルによって生え変わる髪の毛

髪の毛は皮膚や細胞と同じように一定のサイクルによって生え変わっています。

ヘアサイクルと呼ばれるこの周期は抜け毛とも密接に関わっており、一般的にはすでに生えている髪の毛の毛根細胞が休止期と呼ばれる状態に入ると、毛が抜けやすい状態になると言われています。

 

休止期に入った状態では僅かな刺激で髪が抜けやすくなり、バランスのとれた食生活や生活を送って身体が健康な状態だとすぐに新しい毛が生えるのですが、ここに不規則な生活やストレスといった要因が加わると、細胞の動きが鈍り新しい毛が生えにくくなるのです。

これがいわゆる「薄毛」と呼ばれる状態です。

 

びまん性脱毛症の90%はダイエットが原因

びまん性脱毛症の90%はダイエットが原因

女性に多い「瀰漫(びまん)性脱毛症」の主な原因はダイエットや生活習慣の乱れです。

厳しい食事制限が栄養不足を招き、運動やエクササイズでかいた汗や皮脂が毛穴に詰まって髪を抜けやすくし、抜け毛を促進させてしまうのです。

 

ダイエット中は食事制限をしながら、髪が生え変わるために必要な栄養素をしっかりと摂取するのも大切。

特に、髪を太くコシのある状態にしてくれる葉酸とビタミンB、髪を作る材料となるケラチンを増やす働きをするビタミンC、そして頭皮の健康にしてくれるビタミンAなど、いずれも髪を健康に保つためには欠かせない栄養素です。

 

適切なヘアケアを行うと抜け毛は改善される

適切なヘアケアを行うと抜け毛は改善される

生活習慣や精神的なストレスが抜け毛の主な原因ですが、トリートメントの仕方次第では抜け毛が改善されることもあります。

毎日の行きすぎたヘアケアは髪にダメージを与えてしまいかねませんが、バスタイムに頭皮のマッサージを行なったり、乾燥してパサついた髪をトリートメントで補修したり、スカルプ効果のあるシャンプーを使うなどのヘアケアは髪のダメージを軽減し、抜け毛や切れ毛を少なくするだけでなく髪の毛自体の艶を取り戻し、コシのある髪を蘇らせてくれます。

トリートメントは出来るだけ添加物の少ないオーガニック商品を選ぶと、頭皮も優しいのでおすすめです。

100%天然成分のオーガニックシャンプー【ハーブガーデン】

 

美しくコシのある髪の毛は、規則正しい生活習慣と適切なヘアケアによって保たれます。

薄毛になると周囲の目が気になり、やがてそれがストレスになるという悪循環に陥るため、早い段階で対処することが大切です。