いつの時代も女性は美しく艶のある髪に憧れるものです。

髪を美しく保つためには、毎日欠かさずヘアケアを行なっている人も多いのではないでしょうか。

しかし、最近では髪を美しく保つためにはあまり洗髪をしないほうが良いとか、シャンプーやトリートメントは使用しない方がいいという新常識も続々と話題になっています。

今回は、その中から本当に髪に良いケアについてご紹介します。

半額

髪はあまり洗わない方が美しさをキープ出来る?

髪はあまり洗わない方が美しさをキープ出来る?

美しい髪を保つためには、毛根を常に清潔にしておくことが大切です。そのため、皮脂の汚れなどを極力毛穴に残さないように、シャンプーで適度に洗髪する事が髪にとっては良いことだと信じられてきました。

しかし、最近は逆に「できるだけ髪を洗わない方が髪を美しく保てる」という新常識が話題になっているのです。

 

髪を洗わないと聞くと不潔なイメージを抱いてしまいますが、実は髪を洗わない事で得られるメリットも多く、髪をよく洗う女性に比べて頭皮が臭いにくくなったり、フケが少なくなったりします。

これは髪を洗わないことで皮脂が頭皮の乾燥を守り、本来頭皮が持っている角質を保護する役割を果たすからです。

市販のシャンプーは洗浄能力が強いため、頻繁に髪を洗うと必要以上に皮脂を洗い流し頭皮を乾燥させてフケや抜け毛といった髪のトラブルの原因になります。

 

髪にとって一番良いとされる洗髪の回数は?

髪にとって一番良いとされる洗髪の回数は?

では、1週間あたりのシャンプーは何回が最も髪に良いのでしょうか。

環境や体質によって例外も存在しますが、現在多くの美容専門家が推奨しているシャンプーのペースは、1日置きがベストだと言われています。

元々、女性は男性に比べて頭皮の皮脂の分泌が少ないので、シャンプーが1日置きでも髪がべたついたりすることはほとんどないとも言われており、1日髪を洗わずにいると頭皮の保湿成分が蘇り、同時に開いていた髪のキューティクルもきれいに閉じていくため、髪に艶が戻ります。

 

ただし、これはあくまで「目安」に過ぎません。

個人の髪質や体質によって、髪を洗った方が良い場合もありますし、デスクワーク中心の仕事をしている人と野外の勤務が多い人とでは、後者は頭皮も当然汚れる確率が高くなるので、頭皮と髪を清潔に保つ意味でも毎日シャンプーした方が髪にとっては望ましいと言えます。

 

このように、髪に良いシャンプーの回数というのは明確に決まっているわけではありません。

必ず毎日洗わなくてはならないという先入観にとらわれずに、毎日の髪の状態を見ながら、シャンプーの回数を調整していくのが一番良いヘアケア方法かもしれませんね。