病気でもないのに頭が重く感じたり、規則正しい生活を送っているにも関わらず抜け毛が増えたという経験はありませんか?

頭部に何かしらの違和感や異常を感じる場合は血液がスムーズに循環していない可能性が高く、血行不良による凝りが重症化している事が考えられます。

今回は、そんな時に役立つセルフヘッドマッサージの方法をレクチャーします。

半額

頭部の血行不良は身体の不調の原因?

 頭部の血行不良は身体の不調の原因?

血行不良による凝りというと、多くの方が肩こりや腰痛を想像すると思います。

しかし、実は全身の中でも重みのある頭部は肩や腰と同じくらい血行不良に陥りやすい部位。重力に逆らって血液を送らなければならないため、女性のように筋肉量の少ない方は頭部の隅々まで血液が行き渡りにくい傾向にあります。

頭部の血行不良を放置してしまうとやがて筋肉が凝ってしまうため頭痛を引き起こしたり、頭皮が固くなって抜け毛が増えたりします。

こうした疾患を発症すると更に血行不良が深刻化し、同じ筋肉で繋がっている首や肩にまで悪影響が及ぶという悪循環に陥ってしまうのですね。

 

頭部の血行不良を改善するならヘッドマッサージ

頭部の血行不良を改善するならヘッドマッサージ

凝った頭部をほぐして血液の流れを促すなら、毎日お風呂あがりにヘッドマッサージを行なうのがおすすめ。

ヘッドマッサージは揉む場所の順番さえ覚えてしまえばとっても簡単!不器用な女性でもすぐに始められますよ。

揉む順番としては、まずはじめにこめかみから頭頂部へ指の腹を使って頭皮を揉み上げるようにしてマッサージした後、同じように後頭部を、そして最後に頭全体をトントンと指で叩いてあげます。

頭頂部には「百会」という血行促進に効くツボがあるので、頭頂部を集中的に叩くと抜け毛予防にも効果てきめんです。

関連:女性の薄毛は頭部のツボ「百会」を押すことで効果を実感?

 

もしもマッサージをしていて指が疲れてしまったら、先端の丸いヘアブラシを使って頭をトントンとマッサージしても構いません。

ただし、あまり強く叩き過ぎると頭皮の皮が剥けてしまうことがあるので、力加減にはくれぐれも気をつけましょう。

 

ヘッドマッサージを続けると抜け毛が減って薄毛が改善したり、それまで慢性的に悩まされていた頭痛が嘘のようにぴたっと消えてしまいます。

血液がスムーズに巡りはじめると凝りも徐々に解消されていくので、頭だけでなく肩こりの症状も緩和にも役立ちます。

デスクワーク続きで頭部や肩が凝るという方は、ぜひ頭部の不調を改善するために効果的なヘッドマッサージを生活の中に取り入れてみてくださいね。