ここ数年のダイエット方法で人気を集めているのが、デトックスやリセットダイエットです。

デトックスは意識的に食事を摂らないわけですから、始める前には空腹を我慢できるか、しっかりと続ける事が出来るのかどうか心配になりますよね。

デトックスは内臓を休ませたり食生活の乱れを正すには有効なのですが、ダイエット目的で頑張りすぎると栄養不足に陥ってしまいます。

頑張って空腹に耐え体重が落ちたにも関わらず、食事を元に戻したとたんリバウンドでは意味がありません。

質の良いデトックスならリバウンド対策も万全ですし、毒素を排出する食事メニューに置き替えれば空腹を感じずにデトックスと同じ効果を得る事が出来ます。

半額

デトックス効果のある飲み物で栄養補給

デトックス効果のある飲み物で栄養補給

体が栄養不足と判断すると、即座に脳が省エネモードに切り替えるのでリバウンドが起こりやすくなります。

そうならない為にも、ダイエット期間中は出来るだけ質の良い栄養を摂る事が大切です。

 

デトックスに使用する酵素やスムージーは、オーガニックの食材や添加物の入っていないものを選びましょう。

これをベースとし、さらにチアシードやマキベリー、マカといった粉末タイプのスーパーフードを好みで加えます。

スーパーフードは少量で高機能な栄養が凝縮されているので、これらをプラスするだけで栄養面での安心感がグッと上がります。

関連:今更聞けない…スーパーフード・チアシードってどんな食品なの?

 

断食中の肌のカサつきが気になるなら、オメガ系のオイルを加えても良いですね。

栄養のある食材を使ってカスタマイズする事で低カロリーで栄養たっぷりのドリンクになり、その後のリバウンドが起こりにくくなります。

アサイー・ビルベリーなど8種のベリーとチアシードがぎゅぎゅっ!

食事はきちんと摂りたい派のデトックスメニュー

 食事はきちんと摂りたい派のデトックスメニュー

体が重いと感じたら、夕食だけでも見直してみましょう。

いつものタンパク質と炭水化物の割合を変え、そこに酵素を多く含む食材をプラスします。

納豆や鶏のむね肉、高野豆腐などタンパク質が豊富なものを普段より多めに、お米やパンは普段より少なめにといったメニューにしましょう。

関連:日本の伝統食「高野豆腐」栄養や驚きの健康効果とは?ダイエット食品にもってこい!

 

デザートには生の酵素が含まれるバナナやリンゴを食べましょう。

ダイエット時に炭水化物を全て抜いてしまうと、肌がやつれたり疲れて見える原因になってしまうので注意しましょう。

 

食事のメニューを少し変えるだけでも一週間程で体が軽くなりますが、毎日続けるのが難しいなら一日置きでも大丈夫です。

乱れた食生活のバランスを整え内臓の機能を回復させる事が、痩せる本来の力を取り戻す事に繋がります。

無理に続けなくても一日一回で充分に効果のあるプチ・デトックスで、内臓から溜め込まないダイエットをしましょう。