ダイエットの大敵はやはり自身の食欲です。もしも好きな物を食べながらでも痩せられるダイエット方法があれば嬉しいですよね。

実はお金も掛けず特別な食品を用意するわけでもなく、好きな物を食べながらでも健康的に痩せられる方法があるのです。

半額

ポイントはBMAL1(ビーマルワン)という細胞

ポイントはBMAL1(ビーマルワン)という細胞

あまり聞き慣れないビーマルワンという細胞ですが、実はこの細胞がダイエットの鍵を握る重要な細胞なのです。

この細胞の働きは「脂肪を体内に溜め込む」というもので、何か物を食べた時にビーマルワンが体内に多く発生していると食べた分だけ太ってしまいます。

しかし、この細胞は時間帯によって数が増えたり減ったりします。

細胞の数が少ない時により多く食べて、細胞の数が多い時には食べる量を節制する事で健康的なダイエットが可能なのです。

 

ビーマルワンはいつ増えていつ減るのか?

ビーマルワンはいつ増えていつ減るのか?

では、ビーマルワンはどのようなサイクルで増減するのでしょうか?

例として朝7時に起床し、夜24時に寝るという一般的な生活サイクルの方でその増減を解説します。

 

まず、最も数が少なくなるのは朝の6時。起きる1時間前ですね。

そこから時間が経過するに従って増えて行くのですが、昼間の15時までは微増程度となりビーマルワンの数が非常に少ない状態が続きます。

そして15時を過ぎると夜に向けてどんどん数が増えて行き、22時にピークを迎えます。

これがビーマルワンの数の増減サイクルです。(日々の生活サイクルが余りにも不規則な方ですと増減のタイミングが常にずれてしまいますので、基本的には上記のサイクルからあまり離れていない方程、有効なダイエットができます。)

 

朝から昼間は普通に食べて夜だけ我慢!

 朝から昼間は普通に食べて夜だけ我慢!

ビーマルワンの増減サイクルが把握出来れば、それに合わせて食べる量を調節するだけで効果的なダイエットが実現出来ます。

実際に私はこの方法を試した事があります。私は甘い物が大好きで、コンビニで売っているチョコレートのお菓子はを1日に2つ食べたりと、太って当然な食生活をしていました。

そんな私がこのダイエット方法を実践するに当たり次のような食事のサイクルを設定しました。

 

●朝:7時〜8時
チョコレートなど好きな物を好きなだけ食べる。

●昼:12時前後
昼食は我慢せず、脂っこいものであろうが遠慮なく食べてしまいます。

●昼:15時の少し前
夕食の我慢に備え、おやつを食べます。

●夜:20時前後
夕飯は出来る限り20時前に食べるのを理想と考え、その通りに実行しました。メニューもなるべくカロリー控えめの物を食べていました。

夕食は空腹が解消されないような少量ではなく、腹八分くらいの量を食べました。それ以降は就寝まで何も食べません。

 

このサイクルを2ヶ月間続けた所、なんと元の体重から6kgも体重を落とす事が出来ました。

その間、特別な運動などはしていませんし、これ以外のダイエット方法を平行して行ったりもしていません。

ビーマルワンの働きとその数を強く意識した食生活にするだけで、ここまでの効果がありました。

 

このダイエットの効果的なポイントとしては、

・朝好きな物を食べれるため、夜の我慢が辛く感じにくい

・朝に好きな物を食べれるとはいえ、寝起きではそこまでの量は食べれず、我慢ではなく自然と食べる量が減っていく

・効果が表れやすいため、慣れると夜の遅い時間帯に何かを食べる行為に罪悪感を感じるようになる

自然と食べる量が減ったり、セルフコントロールの意識が高まって健康的な食生活を無意識に求めたりと良い事ばかりでした。

 

リバウンドもなく健康的に痩せることができた

 リバウンドもなく健康的に痩せることができた

気になるのはリバウンドですが、このダイエットに終了の節目を付けてからも、食のサイクルを少し緩めたくらいで全くストレスなく過ごす事が出来ています。

よく言われる「朝ご飯を抜くのはダイエットに逆効果」などの説はこの理論にも当てはまります。

正しい知識を身につけ、体の仕組みを理解してダイエットを行う事が重要です。

この方法をまだ試した事の無い方は本当におすすめなので是非一度行ってみてください。