紫外線が強くなる夏の時期になると、オゾン層が少なくなっているので肌のためにも目のためにも紫外線を防いだ方がいいでしょう。

帽子は、それを防ぐ立派なアイテムになります。帽子を被ると実際の頭部周辺の温度も下がるので日射病(熱中症)の予防にもなります。

さらに、帽子はオシャレの決め手となるファッションアイテムでもあります。髪のセットの時間をはぶけますし、ファッションのコーディネートにおいても上質な味付けをしてくれる便利アイテムです。

半額

夏と言えば麦わら帽子・ストローハット

夏と言えば麦わら帽子、ストローハット

夏に人気の帽子と言えば麦わら帽子、ストローハットが人気です。

麦わら帽子の他には「キャペリンハット」も人気です。キャペリンハットは女優さんが被る様なつば広ハットのことをいいます。別名「女優帽」と呼ばれるクラシカルな帽子です。

つばが広くクラシカルな印象なので、ちょっとコーディネートが難しそうに思えますが、ワンピースなど女性らしいファッションに合わせると、よりエレガントさと優雅さがアップします。

Gパンやシャツなどにあわせても女性らしさが加わり優雅さをプラスできる便利な帽子です。ただ、ツバ幅が広いので普段使いにすると、シーンを選ぶのがちょっと面倒ですね。

 

しかし、夏の日差しよけとして使うには、ストローハットと同じでツバの面積が広いので有効です。

ちょっと工夫してお気に入りのリボンを巻いたりして、あなたオリジナルの個性を出しても楽しいですね。

 

幅広く使えるバケットハット

幅広く使えるバケットハット

もっと幅広く使えるのが「バケットハット」です。

これはバケツをひっくり返したような形をしているのでそう呼ばれています。昨年も一部で流行っていましたが、今年は春夏商品としてバケットハットが登場しています。

もともと「90年代のストリートスタイル」に欠かせないバケットハットでしたが、昨年あたりからまた人気が復活しています。

 

被るだけで今っぽく変身できるバケットハットはチェックしておきたいアイテム。小ぶりなデザインなので、男女共に気軽に被れる帽子です。

カップルでおそろいにしても素敵ですし、キャンプにストリートにどんなシーンでもOK!

シンプルなTシャツにジーンズスタイルから今年流行のガウチョパンツ、フレアースカートなどシンプルな装いにもフィットします。

 

モノトーンや黒のバケットハットなら、キレイめなコーデからTシャツなどのカジュアルな服装、ボーイッシュ系にまで幅広く対応できます。

バケットガットは折りたたんで小さくできるので、簡単に携帯できるのも便利です。

 

キャップの定番の野球帽

キャップと言えば野球帽

キャップ帽としては「野球帽」の人気が高いです。

野球選手がかぶっているのでおなじみのものですが、こちらはトレンドというかもはや定番ですね。

ジーンズ系には最もフィットする帽子です。夏であれば、靴はスニーカーと合わせてコーディネートするのが良いでしょう。

メッシュ素材の物を選ぶと、風通しがよくなり髪が蒸れにくくなります。

 

今回は様々な種類の帽子を紹介しました。他にも、あまり日差し避けにはなりませんが、おしゃれな帽子としてマリンハットやハンチング、それにスタンダードなベレー帽などもあります。

関連:ショートとロングヘアで違う!ベレー帽のおしゃれなかぶり方

これらは室内使用にしてもエチケット違反にはなりませんし、色々な帽子を使う事でコーディネートのレベルが上がります。

夏の時期は日差しよけのファッションアイテムとして使えるので、積極的に帽子を活用しましょう。