時間がないから、あるいは面倒だから試着せずに洋服を買うという女性は、よくファションで失敗していることが多いと言われています。

店頭でサイズだけを確認して自分の体型に合うと判断して買い物を行なっていると、実際に家に帰って着てみると意外と似合わずにがっかり・・・なんてこともありますよね。

半額

洋服を選ぶ時は必ず試着しよう

洋服を選ぶ時は必ず試着しよう

ファッションアイテムに記載されているサイズは、あくまで目安に過ぎません。

実際に着てみるとヘアスタイルや肌の色、首や腕の長さなど、個人差が現れやすいパーツによってシルエットは驚くほど変わるのです。

その為、ファッションアイテムを購入する時は、時間に余裕のある時に店舗へ足を運び必ず試着するようにしましょう。

 

試着をする前に、現在自分がどのようなアイテムを持っているかを把握しておくこともとても大切です。

ショッピングに行く前はクローゼットの中を見回し、最近よく着るアイテムを確認しておきましょう。

そして、試着がよりスムーズに行なえるように、脱ぎやすい服を着て行ったり、あらかじめ合わせたいアイテムが決まっている場合は、そのアイテムを身につけていくことでコーディネートがより具体的にイメージできます。

関連:ワードローブをシンプルに整理するときのトップスとボトムの選び方

 

服のサイズ表記はあくまで目安

服のサイズ表記はあくまで目安

実際に試着をするにあたって、まず気を付けることはなんといっても「サイズ表記」です。サイズはあくまでも、一般的な目安に過ぎません。

それだけではなく、サイズはそれぞれのファッションブランドごとに異なる基準で測られているため、一概に同じだとは言えない場合も多いのです。

自分はいつもこのサイズだからと決めつけるのではなく、ワンサイズ大きめのものや小さめのものも試着することで、本当に自分のスタイルに合ったアイテムを見つけることができます。

自分のサイズはあくまで「基準」に留めておいて、様々なサイズを着てみて自分が最も美しく見えるサイズを探しましょう。

 

また、パンツを試着する時にも気を付けなければならないポイントがあります。

それは、ヒップラインが美しく見えるかどうか、シワなどが出来ず足のラインがきれいに出ているかどうかです。

このポイントをクリアしていたら次は裾を見てみましょう。パンツは足の長さに合わせることを想定しているため、試着した場合ほとんど裾が余った状態になると思います。

裾直しを頼む際には、よく履くヒールの高さにしてもらわなければいけないので、あらかじめヒールの高さを測っておくと失敗がありません。

 

このように時間を惜しまず試着を行なうと、本当に似合うアイテムだけを揃えることが出来ます。

クローゼット内にも無駄がなく、手持ちのファッションアイテムを長く着続けることが出来るようになるので無駄な出費を減らす事が出来ます。