今シーズンはビビットな赤いアイテムの人気が急上昇していますが、実際にコーディネートに赤を取り入れようとすると、派手になりすぎたり、浮いてしまうんじゃ……と不安な女性も多いはず。

でも赤色は他のアイテムとのバランス感さえマスターしておけば、洗練された印象を作ることのできるお洒落アイテムに早変わりするんです。

半額

トップスで赤を取り入れるならベーシックなディティールを

トップスで赤を取り入れるならベーシックなディティールを
出典:weheartit.com

赤色は色のインパクトが強いカラーですから、フリルやスパンコールなど装飾がついたトップスを選んでしまうと一気に派手になってしまいます。

さらっとおしゃれに赤いトップスを着こなすなら、無地のTシャツやニットのようにベーシックな形のものを選ぶようにしましょう。

赤トップスはジーンズやカーゴパンツのようにカジュアルなボトムと合わせるとカジュアルさの中にややマニッシュなエッセスが加わり、黒スキニーやレザーパンツのような辛口ボトムと合わせるとメンズライクなコーディネートになります。

 

カーディガンやトレンチコートのようにアウターで赤色を取り入れるなら、インナーとボトムは明るめの色でコントラストをつけてあげるのが正解。

白シャツやVネックニットなど爽やかさを持つアイテムをインナーにすると、抜け感も生まれてコーディネートが軽やかになりますよ。

 

赤色ボトムは一点投入で都会的な華やかさを演出

赤色ボトムは一点投入で都会的な華やかさを演出
出典:weheartit.com

スカートやパンツで赤を取り入れる場合はトップスや靴、バッグといった小物類を明るめの色味で統一すると、より赤色が際立ち洗練された中にもクラシックな雰囲気漂うレトロコーデが出来上がります。

ただし、面積の多いロングスカートやルーズなシルエットのワイドパンツを選ぶとやや派手になりすぎてしまうため、スカートならミニ~膝丈、パンツならショートパンツかタイトなスキニーをチョイスしましょう。

 

また、インナーにボーダをー持ってくると都会的なマリンルックを作ることもできます。

明るめの赤に抵抗がある方は、ボルドーに近い暗めの赤色のボトムを選ぶようにすると、手持ちの洋服とのコーディネートもしやすいのではないでしょうか。

 

赤色アイテムは、「自分には似合わないから……」とチェレンジする前から諦めてしまう女性が多いカラーですが、日本人の黒髪とも相性がよく、今回ご紹介した他アイテムとの配色バランスを意識すればコーディネートも簡単です。

新しいファッションにチャレンジしたい方はぜひ今年の一押しトレンドである赤アイテムを取り入れ、ファッションにスパイスを加えてみてくださいね。