欧米人のように全身から漂う透明感をメイクで作り出す「色素薄い系メイク」。

黒髪・黒目と外見のコントラストがはっきりとしている日本人と違い、外国人のようにヘアカラーや肌の持つ色素をメイクで淡くするというこのメイク方法は、別名病弱メイクとも呼ばれています。

透明感だけでなく「つい守ってあげたくなるような薄幸感」を演出できる色素薄い系メイクをマスターしましょう。

半額

白いだけじゃダメ!ベースメイクは潤いと質感にこだわる

白いだけじゃダメ!ベースメイクは潤いと質感にこだわる

色素薄い系メイクのベースメイクは、ただ白くすればいいというわけではなく水々しくハリのある肌にすることが大切。

そのためマットな質感にするのではなく、ファンデーションを塗っていない肌のような自然さが出るように仕上げていくようにしましょう。

こうした肌を作るには、下地とファンデーションを塗る前に肌に美容液を染み込ませて、しっかりと保湿をしておくことも欠かせません。手で触ってみて、もっちりと肌が手に吸い付くくらいに潤っていることを確認してから、ベースメイクをはじめましょう。

 

まず、はじめに使うのはパープル系の下地。パープル系の下地はくすみを補正し肌に透明感を与えてくれます。

下地の上には自分の肌の色よりも明るめのリキッドタイプファンデーションを塗っていきますが、カラーは赤みのあるピンク系よりもイエロー系を選んだ方が、より色素が薄い感じを出すことが出来ます。

 

色素を薄く見せたいならポイントメイクの色使いがカギ

 色素を薄く見せたいならポイントメイクの色使いがカギ

色素を薄く見せたいときは、目や唇などのポイントメイクにたくさんの色を入れることは望ましくありません。

アイメイクはラインを引くだけのカラーレスメイクにおさえ、チークはあまり目立たないベージュ系かオレンジ系のものをチョイスして、さっと軽くのせる程度に留めておきましょう。

その変わり、顔全体の印象がぼやけてしまわないようにリップはコーラル系のピンクなど、自分の唇に近い色味を選びつつしっかりと塗っていきます。

 

アイブロウも自眉の毛流れを活かして、眉尻を描き過ぎないようにしてパウダーで軽く整えていきましょう。

色素薄い系メイクではポイントメイク全てをヌーディーにしてしまうと顔が地味になりすぎ、顔立ちによっては老けて見えてしまうこともあるので、リップとアイブロウだけは不自然にならない程度に作りこんでいくことがポイントです。

 

色素が薄い外国人や薄幸そうな女性のもつ透明感に憧れつつも、自分はあんな風になれないから……と諦めていた女性も多いはず。

しかしいまは透明感もメイクで作りだせる時代です。諦める前にまずは色素薄い系メイクにトライしてみませんか?