顔のシミやクマをカバーしてくれることから、ベースメイクの縁の下の力持ちとも言われるコンシーラー。

しかし、コンシーラーにはパレットやリキッドなど様々なタイプがあり、正直「どれを選べばいいの?」と思っている方も多いのではないでしょうか。

実は、コンシーラーはタイプによってカバー力が異なり、カバーしたい顔の部位によって使い分けるのが1番良いということ、ご存じでしたか?

半額

ニキビ跡などもしっかりカバーできるスティックタイプ

ニキビ跡などもしっかりカバーできるスティックタイプ

コンシーラーの中で比較的カバー力が強いのがスティックタイプ。

スティックタイプは固形のコンシーラーが使われているのでテクスチャも固めになっており、それほど伸びませんが代わりにしっかりとニキビ跡やシミをカバーしてくれます。

 

スティックタイプのコンシーラーは、ニキビ跡やシミなどをピンポイントでカバーするのに向いており、クマのように広範囲をカバーするのには適していません。

しかもクマは目元の血行不良から起こるものなので、テクスチャの固いスティックタイプのコンシーラーを塗って目元周辺の皮膚を摩擦してしまうと、クマをカバーするどころか皮膚を刺激し、クマを悪化させてしまう恐れもあるため注意が必要です。

フェルム スティックコンシーラー02 ナチュラル 3.2g

新品価格
¥597から
(2016/1/17 23:11時点)

どんなクマもカバー!広範囲に使えるクリームタイプ

 どんなクマもカバー!広範囲に使えるクリームタイプ

茶クマや青クマなど、どんなクマもマルチにカバーできるの伸びもよくテクスチャも柔らかいクリームタイプ。

クリームタイプのメリットは、スティックタイプのカバー力に加えてリキッドタイプの伸びの良さも持っている、いわばコンシーラーの中で1番バランスの良いところです。

クリームタイプはクマのような広範囲のカバーにも適しているので、購入する際にはトーンの異なるカラーが数種類入っているパレットタイプのコンシーラーを買っておくと、自分で好きな色に調整してどんなクマにも対応できるので便利ですよ。

ニュースキン ニューカラー スティックコンシーラー クリーム 03161306

新品価格
¥2,100から
(2016/1/17 23:12時点)

すっぴん風メイクに使える、カバー力低めのリキッドタイプ

すっぴん風メイクに使える、カバー力低めのリキッドタイプ
画像:RMK

いま流行中のすっぴん風メイクなど、あまりがっつりとメイクをしているように見せたくない時は、あえてカバー力の低いリキッドタイプコンシーラーを使うのがおすすめです。

リキッドタイプは、リキッドファンデーションとほぼ変わらないほどのテクスチャで非常に伸びが良いのが特徴です。

そのため、下地やファンデーションと重ねていっても厚塗り感がなく、薄づきで自然なベースメイクをするときにはとても重宝するので、1つ手元に置いておくと大活躍すること間違いなしです。

RMK スーパーベーシック リキッドコンシーラー #02 1.8g

新品価格
¥3,564から
(2016/1/17 23:14時点)

肌を美しく見せるために、ベースメイクをする上では欠かせないコンシーラー。

シミやクマなど、カバーしたい部位やメイク方法によってコンシーラーの選び方も変わってきますので、コンシーラーを購入する際は自分の用途にあったタイプを選ぶようにしてみましょう。