締めつけ感がなく着心地の良いグレーのスウェットパンツは、いま1番着回せる万能ボトム。

でも、コーディネートを間違えてしまえば一気に「ルームウエア」に見えてしまうリスクもあり、ファッションセンスが問われるアイテムでもあります。

そんなグレーのスウェットをおしゃれに着こなす2つのポイントをご紹介します。

半額

スウェットパンツを購入するときはタイトなデザイン一択!

スウェットパンツを購入するときはタイトなデザイン一択!
出典:weheartit.com

スウェットパンツはルーズな素材感も手伝って、カジュアルな雰囲気を持つアイテムです。

しかし、デイリーファションのボトムとして着回そうと思うなら細身ディティールのものを購入するようにしてください。

 

ここ数年はワイドパンツの人気が再燃し、ボトムもルーズなシルエットやあえてビックサイズを着るコーディネートが流行っていますが、スウェットパンツの場合は大きめのサイズを選んでしまうと一気にだらしなく残念な着こなしになってしまうのです。

その反対に、細めのスウェットパンツであればたとえトップスがTシャツ一枚でもすっきりとシンプルなコーディネートになり、おしゃれに見えます。

 

小物類は「きれいめ」で揃えてスウェットパンツを格上げ

小物類は「きれいめ」で揃えてスウェットパンツを格上げ
出典:weheartit.com

スウェットパンツを履く場合はスニーカーよりもヒール靴、リュックよりもクラッチバッグというように小物をきれいめアイテムで統一してあげるのがおすすめです

また、ニット帽の代わりにつば広帽子を被ったり、ミリタリーコートよりも細身のトレンチコートを選ぶなど、スウェットパンツはあくまで「外しアイテム」にしてコーディネートをすると、全身にまとまり感が生まれスウェットパンツのカジュアルさが中和されます。

 

スウェットパンツにシャツの腰巻きで楽々スタイルアップ

スウェットパンツにシャツの腰巻きで楽々スタイルアップ
出典:weheartit.com

スウェットパンツを履くときは、デニムシャツやチェックシャツを腰巻きにしてウエスト周りに動きをつけると、抜け感がプラスされ尚且つ体型カバーにもなり一石二鳥。

スウェットパンツは生地が薄いせいで下着のラインが出てしまうことも多く、腰にシャツを巻いておくとどれだけ動いても視線を気にしなくていいのでとっても楽ちんです。

 

スウェットパンツの着こなしはシルエット感が命。購入するときは必ず試着をして丈の長さとシルエットを確認し、横から見ても適度にボディラインが出ている細身のタイプを選ぶようにしましょう。

もしも丈が長い場合はロールアップして履くとこなれ感のあるリラックスコーディネートにもなるので、店頭でさまざまな着方を試して気に入った一着をぜひクローゼットに加えてみてください。