顔が大きいのが悩みという女性のみなさんは、メイクで顔を小さく見せようとしがちな傾向にあります。

しかし、メイクにこだわるよりもファッションアイテムやカラー選び次第で、簡単に顔を小さく見せることが出来ます。

今回はそんな顔の大きさを緩和してくれるファッションテクニックを2つご紹介します。

半額

ボトムにアクセントカラーを持ってきて視線を下に誘導する

ボトムにアクセントカラーを持ってきて視線を下に誘導する

初対面の人が1番最初に見る身体のパーツ、それが顔です。

しかし、ボトムに鮮やかなアクセントカラーを持ってくればビビットな色に視線が誘導され、顔ではなく下半身に視線を集めることが出来ます。

 

アクセントカラーといっても、パステルカラーのような柔らかい色では効果がありません。

できるだけ原色系の赤やブルー、大人っぽさを出したいときはモスグリーンやワインレッドのように深みのあるカラーを選び、全体のコーディネートの中でボトムが1番目立つようにスタイリングしてみてください。

ボトムに鮮やかなカラーを持ってくるときは、トップスや小物類はモノトーンでまとめると全体の雰囲気も派手になりすぎません。

 

秋冬シーズンであれば、ボトムではなくアウターを鮮やかな色にしてみるのも良いでしょう。

コートは全身をすっぽりと覆ってくれるため、視線を集めやすく顔の大きさから関心をそらすためにはもってこいのアイテムです。

大きめ小物を身につけて相対的に小顔を演出

大きめ小物を身につけて相対的に小顔を演出

顔を小さく見せるには、顔の周辺に大きめの小物類をプラスして上げるのが効果的。

たとえば、存在感のある黒縁の大きめのメガネや、つばが広めの帽子、大ぶりのピアスなどが特におすすめです。

メガネはスクエア型よりもオーバル型のように下に長くなっているデザインを選ぶことで、顔の余白を緩和することができ小顔効果が期待できます。

関連:ダイエットだけでは小顔になれない?対比テクニックで顔を小さく見せる!

 

また、大きめのラウンドピアスなどを身につけると頭頂部とピアス、そして顎を結んだ点がちょうどひし形になり横にボリュームが出るので、顔がシャープに見え大きさが気になりません。

つばの大きな帽子も、メガネやピアスとほぼ同じ小顔効果が得られるので、出かける際は必ずかぶるようにしましょう。

帽子の色は黒やネイビーなど暗めのカラーをチョイスすると、視線誘導効果も加わってかなり高い小顔効果が発揮されます!

 

顔が大きい、というのは女性にとって大きなコンプレックス。しかしマッサージで脂肪を落とすとなると時間がかかりますし、毎日せっせとメイクでシェーディングをするのも大変です。

もしも顔の大きさが気になったら、マッサージやメイクよりも手軽に顔を小さく見せることが出来るファッションテクニックを試してみてください。