運動は健康にいい!そんなことは百も承知ですよね。

しかし、世間一般の万人が運動を好んで行っている訳ではありません。汗をかくことすら嫌いな人も多いでしょう。

今の若い世代では特に運動を好んでする人と、そうでない人の差が大きく分かれているのも事実です。

そこでここでは、そんな運動が苦手な人でも体を動かしたくなる方法を紹介していきます。

半額

短時間の運動にすることで継続する!

短時間の運動にすることで継続する!

運動が苦手な方の多くは、長時間の運動が苦手な人が大半を占めます。運動時間を短くすることで、嫌いな運動を長続きさせる事が出来ます。

一度に複数の箇所を動かせる複合的エクササイズや、短時間で負荷をかける有酸素運動など、最大限の効果を得られる密度の濃い運動などを集中的に行いましょう。

そうすることで、トレーニング感覚は薄らぎ楽なものだと考え、仕事などがあってもスケジュールに組みやすくなることで継続することができます。

 

ながら運動で不快感を打破!

ながら運動で不快感を打破!

自分が好きな事をやりながら、自分が苦手な運動をすることで不快に感じにくくなります。

女性は特に二つの事を同時に行う事が得意な生き物なので、絶対に効率よく運動をこなせます。

 

音楽が好きな方は音楽をかけながら運動をしたり、好きな番組やDVDなどを鑑賞しながらのエクササイズはタイマー代わりにもなり、あっという間に終わってしまいます。

運動が苦手な人は好きな事とセットで、「ながら運動」を行なうことで継続する事が出来ます。

関連記事:ながら運動、踏み台昇降運動でダイエット運動を長続きしよう

 

「やらなきゃ」から「やりたい」に気持ちを変換する!

「やらなきゃ」から「やりたい」に気持ちを変換する!

運動は考え方一つで前向きに取り組む事が出来ます。やらなければいけないという気持ちは、自分に圧力を掛けている事になります。

その上、いつでもやめれるという逃げ道を探しがちになるので、結局運動をやらなくなってしまうという悪循環になりがちです。

 

やりたい!と気持ちに変換することで、成し遂げる事が達成感にもつながります。

上述の運動に加え、この気持ちを持っていれば運動が苦手な方も徐々に好きになり、逆に爽快な気持ちに変わっていきます。

 

ジムに通ったり、毎日の様に長い距離を走ることだけが運動ではありません。

簡単に身近に出来るものであり、生活のルーティンの中にあるものだという認識を変えるだけで、運動はとても身近なものに変わります。

そういった意味でも、「短時間」「ながら運動」「意識を変える」この3つで苦手な気持ちから変わっていきます。