健康の基本はまず「適度な運動」「バランスのとれた食事」「十分な睡眠」です。

便秘で悩んでいる方も最近では多いので、規則正しい排便も大切になります。

排便を促す運動としては、腹筋をするときの要領で座って、上体をその場で左に右にツイストします。10回を3セットを行ってください。

朝起きがけに行うのがベターですが、トイレの前にやっても効果があります。腸へ刺激を与えてあげる事で便秘が解消されるのです。

また、野菜を中心にした食事と、日ごろから水分補給をマメに摂る事も排泄をスムーズにさせる秘訣になります。

半額

ダイエットをするなら下半身を鍛えよう!

ダイエットをするなら下半身を鍛えよう!

ダイエットをする時に重要なのが「下半身」にあります。腕をいくら細くしても体重自体はあまり変わりません。

太ももや脚を引き締めることで、ウェイトコントロールがはかれます。

男女をとわず、しなやかで引き締まった脚というのは見た目にも美しいです。それに脚が締まると動きもきびきびと俊敏になり、活動的にもなります。

 

おすすめの運動は、立った状態で右足だけを前に出していき、限界と思えるところで止まります。そして伸ばした右腕で床を掃くようにタッチします。

上体をしずめることで大腿筋が伸び、筋肉がぴんと張って心地よい刺激が得られると思います。逆側の脚でも同じことを繰り返します。

気をつけて頂きたいのが決して無理をしないことです。最初は5回3セットと少ない回数から始め、慣れてきたら徐々に回数を増やしていきましょう。

 

次は立った状態で膝を曲げる、いわゆる「スクワット」です。

スクワットの注意点は、脚を曲げた際に膝頭が、床についている足より前に突き出さないことです。

床に着いている足よりもひざが前に突き出ると、ひざに負荷が強くかかり痛める結果にもなります。椅子にお尻をおろすようなイメージで行いましょう。

膝も深く曲げる必要はありません。ほんの少しでも効果はあります。

 

90半ばで亡くなられた森光子さんが、健康法としてスクワットを晩年まで続けられていたのは有名な話です。

足を鍛える事は何よりも重要なので、日頃の習慣にしてみましょう!

 

足裏を刺激し血行を良くしよう!

足裏を刺激し血行を良くしよう!

健康的なマッサージとしてオススメなので「足の裏のマッサージ」です。

足は第二の心臓とよくいわれ、足の裏を刺激すると血流がよくなり、全身の血行にまで影響を及ぼします。

 

足の裏のマッサージの仕方は、脚を投げ出して座り、右足をひきよせ両手で掴み、土踏まずのあたりを両方の親指で押します。逆足も同じ様に行い、それぞれ10回ずつ押しましょう。

その際、足の両側を両手で柔らかくするイメージでとんとんと叩くとより効果的です。足の裏がほかほかと温かくなるのが感じられると思います。

また、アキレス腱を指でつまみ、もみほぐすようにマッサージすると、快適に歩くことができ疲れもとれます。

 

足のマッサージで重要なのはほぐすことです。硬直しているとつまずきの原因にもなり、大きなケガにつながる恐れもあります。

常に血流をよくすることを念頭におき、柔軟な動きを心がけることでケガを無くし、いつまでも健康でいられます!