自分で自分の顔の歪みは、中々気づきにくいものです。

しかし、口角の位置が平行でなかったり、目の位置が左右で違っていたりすることで生じる違和感は、他人が見ればすぐに分かってしまいます。

もし鏡を見て顔が歪んでいるかもしれないと思ったら、マッサージで改善していきましょう。

半額

顔を歪ませる原因となる習慣

顔を歪ませる原因となる習慣

顔の歪みは、普段無意識のうちに行なっている何気ない行動の積み重ねによって起こるものです。

たとえば、椅子に腰かけているときにすぐ足を組んでしまったり、よく頬杖をつくといった行動。

立っているときは片足に重心をかけてしまったり、片方の手でばかり荷物を持ったりはしていないでしょうか?

このような行動を続けていると背骨が歪み、猫背になるなど姿勢が悪化していくため、その影響を受けて顔までもが歪んでしまうのです。

 

また、幼少期から歯並びが悪い人は姿勢が良くても顎が歪んでしまう事があります。

歯並びが原因で顔が歪んでしまうときは、歯科矯正などを利用して歯並びを整えるしかありませんが、歯並びに問題はないのに顎が歪んでいる時は、出来るだけ早くマッサージなどで正しい位置に戻してあげることが大切です。

 

顎の歪みを取るマッサージ

顎の歪みを取るマッサージ

顎は、食事の際に物を咀嚼するせいで顔の中でも最も歪みやすい部分。

顎が歪んでいると、何もしていない時でも口が開いた状態になってしまうなどの症状が現れるようになってしまいますので、歪みに気づいたときにすぐマッサージを行い、対処するようにしましょう。

 

ぱっと見ただけでは気づかないようなわずかな歪みなら、下顎を右、左とゆっくり動かしてあげるだけで歪みを直すことが出来ます。

歪みが大きければ、口を開いたときに大きく上下に動く骨の部分を抑えながら、あいうえお、と大きく口を開ける運動を10回ずつ繰り返してみてください。

最後に下顎を左右に動かし、首を軽く左右に回したらマッサージは終了。

 

このマッサージを行いながら同時に顔の筋肉をほぐすストレッチを行なうと、より歪みをスムーズに直すことが出来ます。

顔の筋肉をほぐすには、目と口を大きく見開く動きを繰り返すだけでOK。

骨を支える筋肉を柔軟にしておくと、顔が歪んでもすぐに元通りに直すことが出来るようになりますよ。

 

美しい顔は、必ず左右対称であると言われています。

顔が歪み、左右のパーツが非対称になっていたのでは、いくらメイクをしようと美人になれるはずもありません。

普段から身体全体を歪ませないように注意しつつ、毎朝鏡を見て顔の歪みをチェックする習慣を心がけてみてください。