20代のうちはまだ許されるけど、30代になるとショートパンツはさすがに履けない……と思っている大人女子の方々をよく見かけます。

確かに、脚を大きく露出するショートパンツは、若い女の子が履くものというイメージはありますが、アラサー世代がショートパンツを履いてはいけないなんて決まりはどこにもありません。

大人女子が着ても上品に見え、子供っぽくならないショートパンツの着こなし術をレクチャーします。

半額

上品に見えるショートパンツの選び方

上品に見えるショートパンツの選び方

夏は涼しくアウトドアなどにも適しているショートパンツは、今や女性にとってはマストアイテムといっても過言ではありません。

ショートパンツの下にストッキングやタイツを合わせれば秋冬でも着こなすことが出来ますし、コーディネートの幅も生まれますよね。

 

アラサー世代の大人女子がショートパンツを着こなすときのポイントは「素材」と「カラー」の2つだけ。

素材はベーシックなデニムや、リラックス館のあるリネン、エレガントさを持つサテンなどがおすすめです。

カラーは黒や白など、モノトーンを選んでおくとトップスに柄物を合わせることが出来ますし、コーディネートにメリハリが生まれ、バッグや靴といった小物とのバランスも良くなります。

 

黒のショートパンツは、レディライクに着こなす

黒のショートパンツは、レディライクに着こなす

どんなアイテムにも合わせやすい黒のショートパンツは、大人っぽさを持ち、自信にあふれた大人女子だからこそ似合う色であるとも言えます。

インディゴなどのブルーデニムではややカジュアルに見え、下手をすると「若作り」に見えてしまう可能性があるショートパンツも、ブラックデニムを選べば、シックな装いに早変わり。

マニッシュファッションなど、ユニセックスなコーディネートをするときに、黒のショートパンツを合わせるとハンサムな雰囲気を作ることが出来ますよ。

画像の商品はコチラ

 

白のショートパンツは、爽やかさ抜群で好感度UP

白のショートパンツは、爽やかさ抜群で好感度UP

ホワイトデニムやリネン生地を使用した白のショートパンツは、普段のコーディネートに取り入れるだけで爽やかさを演出してくれる、女性には嬉しいアイテム。

爽やかさのあるコーディネートは周囲にも好感をもたれやすいので、多くの人と会うシーンやデートに着ていくのもいいのではないでしょうか?

近年は、トップスもボトムも白で統一する、「オールホワイトスタイル」も流行していますので、白いシャツやカットソーと合わせてスタイリングしてみてください。

 

大人女子がショートパンツを着こなすときに覚えておきたい2つのポイント、いかがだったでしょうか。

年齢を重ねるごとに、似合うファッションは変化していきますが、ショートパンツは上品に着こなすコツさえ押さえておけば、30代、40代でも堂々と着ることが出来るアイテム。

恥ずかしがらずに脚を露出したほうが、脚やせ効果もあると言われていますから、これからは積極的にショートパンツを履いてみませんか?

画像の商品はコチラ