今、ベーシックなアイテムだけを揃えるというシンプルワードローブ整理法が、アラサー世代の大人女子に人気です。

ワードローブの中にはトップスやボトム、アウターに小物など、沢山のファッションアイテムが眠っているかと思いますが、特に自分でも気づかない内に増えてしまうのがトップスとボトムではないでしょうか。

シンプルワードローブを作るために、本当に必要なトップスをボトムの選別の仕方とはどんなものなのでしょうか?

半額

トップスはタイプの違う3種類に分類してから選ぶ

トップスはタイプの違う3種類に分類してから選ぶ

夏服・冬服を含めると、洋服の中でも最も数が多いと言われるのがトップスです。

トップスを選別する時は3種類のデザインタイプに分類して、必要なものだけをワードローブに残すようにしましょう。

 

その3つのタイプとはメンズチックな辛口トップス、女性らしいフェミニンなトップス、華やかな柄ものトップスです。

トップスの選定をよりスムーズに行なうには、まず手持ちのトップスをざっくりと3つのタイプに分けていき、1タイプごとに薄手・厚手の素材のものをそれぞれ2~3枚ずつ抜き出していきます。

残りの2タイプのトップスも同様にして選んでいき、最終的にワードローブに残すトップスを選んでいくのです。

この時、普段からよく着るトップスを優先的に選ぶようにし、着る機会が少なかったものは思い切って処分してしまいましょう。

 

そして、着回し力のあるカーディガンはトップスにカウントせず、個別に選定していきます。

カーディガンは一年中使える万能アイテムですから、白やグレーなどベーシックな色と、コーディネートの差し色で使える赤やネイビーなどの2種類のカラーからそれぞれ数着選び出します。

重ね着しやすいようにハイゲージニットで薄手のデザインを優先的に選ぶと、着こなしの幅も広がりますね。

 

ボトムは長く着られる定番アイテムのみを選ぶ

ボトムは長く着られる定番アイテムのみを選ぶ

ボトムは流行に左右されない定番のシルエットを持つパンツとスカート選び、ワードローブに残すようにします。

パンツは、オフィスにも着ていけるキレイめデザインと、カジュアルに着こなせるデニム、普段使い用のパンツとしてチノパンやカーゴパンツなど3種類を選ぶと良いでしょう。

キレイめデザインパンツは清潔感のある白やベージュを基本にし、センタープレスが入っていたりストライプ柄が入っているものにすると年齢を問わず、長く履けるのでおすすめです。