立ったり歩いたり、また座っている時でも足の指が上手く使えていないと、全身の不調に繋がる事をご存じでしょうか?

外反母趾や巻き爪といった足のトラブルから始まり、放っておくと腰痛や全身のむくみへと広がってしまうのです。

長時間の立ち仕事やイベントで一日中歩く機会がある時、体力と元気はあるのに何故か足だけが先に疲れてしまう事がありますよね。

それは、足の指がずっと固まった緊張状態である為に、足の他の部位に負担がかかってしまうせいなのです。

足指をきちんと使えるよう普段から良く動かしておくと、足のトラブルも消え外出時もアクティブに動けるようになります。

半額

足の状態をセルフチェックしてみよう

足の状態をセルフチェックしてみよう

靴を脱ぐとホッとする・・・。足の指が解放された気分になるのは、それだけ靴を履いている間に足の指が縮こまっているという証です。

足のトラブルや歩き方のクセは、靴のすり減り方を見れば分かります。

靴の内側が擦り減っているならヒールを履く人に多い外反母趾、外側ならばがに股歩きやO脚の傾向にあります。

 

また、あぐらをかいた時に両足の先が反対側の脚のふくらはぎに乗らないようだと、股関節が内側に傾いてしまっています。

これでは上手く歩けていないのも当然で、足の疲れや腰痛などのトラブルも起こりやすくなります。

足や腰のトラブルを一気に解消することが出来る、TVを見ながら行える5分程度の足指ストレッチを紹介します。

 

冷え性改善や脚の引き締めにも効果的!

冷え性改善や脚の引き締めにも効果的!

足指ストレッチは椅子や床に座って行います。まず、足の先を反対側の太ももの上に乗せ、足指を甲側の方へゆっくりと反らします。

右の足指ならば、左手で掴んでグーッと押すようにするとやり易いですよ。

指の付け根からしっかりと反らし、90℃を目標に徐々に慣らしていきましょう。

足指を戻したら今度は足裏側に曲げるのですが、この時足首はまっすぐの状態を保って下さい。何回か繰り返すと十分に足指をほぐす事ができます。

 

さらに足指をしっかりと強化した場合は、足の指を拳を作るようにギュッと寄せます。

そして次に、ジャンケンのパーを作るように足指を放射状に開きます。かかとを床につけて足裏を浮かした状態で行うと、爪先まで力が入るのでやり易いです。

 

足指がほぐれて動くようになると、負担がかかっていた部分のトラブルが解消され、脚の多くの筋肉が均等に使えるようになります。

美脚効果もあるので、ソファーやお風呂でのくつろぎタイムに習慣づけてみてはいかがでしょうか。