結婚している女性の間で流行している「妊活」。しかし、そんな妊活が盛んになる一方で、妊婦になったらファションを楽しめなくなるのでは?と思っている女性も多いようです。

マタニティウェアはデザインよりも機能性を重視して作られており、母体をリラックスさせて身体を冷やさない事を前提としていますので、どうしても野暮ったく見えてしまうのかもしれません。

しかし、マタニティウェアも工夫次第でおしゃれに着こなす事が可能です。母体に負担をかけず、おしゃれも同時に楽しむにはどのような点に気をつければいいのでしょうか。

半額

マタニティウェアを選ぶときは着心地を優先

マタニティウェアを選ぶときは着心地を優先しよう

マタニティウェアを選ぶときに重要なことは、まずデザインよりも着心地を優先することが大事です。

お腹周りの締めつけがきつく苦しくないサイズを選んだり、着替える時に身体に負担がかからないよう脱ぎやすいこと、身体が冷えないような防寒素材を選ぶことを意識してマタニティウェアを選びましょう。

また、夏の時期には薄い素材の物を選んだり、秋冬は分厚いものを選んだりと季節に応じた選び方も重要です。

 

トップスはチュニックやロング丈のものを選べば、わざわざマタニティ専用のものにする必要はありません。

現在はわざとメンズアイテムを着るカジュアルなファッションも流行していますから、出産後も着れそうなオーバーサイズのトップスを探したり、ルーズなシルエットのトップスを選べば十分おしゃれに見せる事は可能です。

 

ボトムはゆったりしたロングスカートを

マタニティウェアロングスカート

そして、日に日に膨らんでいくお腹の影響で、コーディネートの幅が狭まるのがボトムスです。

妊娠している時は履けても、出産後にはほとんど履けなくなってしまうパンツ系は避け、ウエストがゆったりしたロングスカートやワンピースを選ぶのが賢い選択だと言えるでしょう。

ワンピースを選ぶときは収縮する素材を選ぶことによって、妊娠初期~臨月、そして出産後まで長い期間着ることが出来ます。

ただしワンピースを着るときはあまりインナーを重ね着することが出来ないのが難点です。

そんな時は、カーディガンを1枚羽織ったりショールを持ち歩くなどをして寒暖対策をしましょう。

 

どうしてもパンツが履きたい!という時は、お腹や腰回りだけジャージー素材を使っているマタニティ用のジーンズやレギンスパンツをチョイスしましょう。

マタニティ用のボトムはウエスト部分の面積が多く、お腹をすっぽりと覆ってくれるので冷え予防にもなります。

 

女性なら妊娠中だってお洒落を楽しみたいものですよね。

マタニティウェアと手持ちの洋服を上手く組み合わせれば、ダサくて野暮ったいマタニティウェアのイメージを180度ひっくり返すことが出来ます。

しまむらやユニクロには可愛くて安いマタニティウェアが多く販売されているので、是非見てみましょう!