深呼吸は万病を治すとも言われていますが、深呼吸は胸でなくお腹の底からしっかり呼吸するという事です。

深呼吸は万病だけでなくダイエットにも効果的で、お腹回りに自信がない、ポッコリお腹に悩んでいるという場合は、呼吸が浅い事が原因の一つかもしれません。

ウエストをもっと引き締めたくても、腹筋運動はツラく腰が痛くなるので継続するのははなかなか難しいですよね。

かといって食事を少なくするだけでは、お腹回りは簡単には瘦せてくれません。やはり、内臓を持ち上げるための筋肉を鍛えるのが必要不可欠なのです。

正しい深呼吸を身につけることで、つらい腹筋運動をしなくてもくびれを作る事ができます。

半額

瘦せるだけじゃない深呼吸の様々なメリット

瘦せるだけじゃない深呼吸の様々なメリット

深呼吸を毎日少しずつでも続けていくと、お腹回りの筋肉がしっかり使えるようになるため、まずウエストがサイズダウンします。

腹筋は体の中心なので、体幹を鍛えることで代謝がアップし、食べても太らない燃費の良い体になれるのです。

ダイエット効果だけではなく、副交感神経が働きリラックスの状態を維持できるので、感情に振り回される事もなくなります。

過食や依存などのメンタル面、体調不良や便秘などの健康面にもとても効果があります。

 

瘦せる呼吸法を身につけよう

瘦せる呼吸法を身につけよう

深呼吸と聞くと吸って吐くというイメージですが、実は一度息を全て吐ききってから吸う方が効率良く呼吸できます。

まず、おへその下に手を置き、お腹に力を入れて意識をしながら息を鼻から吐いていきます。

そして今度は、しぼんだ風船がゆっくり膨らんでいくイメージで時間をかけて鼻から息を吸います。

慣れるまでは置いた手の下に風船があるという意識を持っておくと、正しい深呼吸の感覚が掴みやすいです。

こうしてゆっくり深呼吸し腹筋を使うことに慣れてきたら、さらに上の呼吸法を目指しましょう。

 

ゆっくり吸うのは同じ要領で、次に吐く時は、速く短く「ハッハッ」というように連続して吐いていきます。

集中力が高まって雑然とした思考がクリアになり、腹筋もさらに鍛えられますよ。

 

毎日続けるには、起床後と就寝前にやる、など一日の中で時間を決めてしまうのがおすすめです。

呼吸は毎日自然にしているものなので、運動のように「やらなくちゃ」というストレスがなく思い立ったらいつでもできます。

お腹回りだけでなく、イライラやネガティブ思考も改善してくれる深呼吸を少しずつ取り入れてみてはいかがでしょうか。