ファッション雑誌でよく見かける「抜け感」という言葉、実際にはどのような雰囲気のことを言うのかご存じですか?

抜け感とは、きっちりとした清楚感の中に、適度に力を抜いた手抜きの感じやリラックス感を取り込んでいる雰囲気のことを言います。

リラックス感といっても、自宅に1人で過ごしている時のときのようなだらしなさではなく、人前に出ても恥ずかしくない程度というのが大前提です。

半額

抜け感を作るファッション

抜け感を作るファッション

ファッションで抜け感を作るには、シンプルなシルエットのアイテムだったり、柄のない無地のアイテムを選ぶと良いでしょう。

抜け感を演出するためにはノーアクセが基本ですが、控えめなビジューなどが付いているアイテムは適度な華やかさを与えてくれますので、1着ワードローブに加えるととっても便利です。

 

ただ羽織るだけでリラックス感を加えられるロングカーディガンも、抜け感コーディネートにはおすすめのアイテム。

かっちりとしたシャツなどを着ていても、ロングカーディガンをさらっと羽織るだけで、一気に抜け感を作り出すことが出来ますよ。

 

ボトムを選ぶときは、ルーズなシルエットのデザインがおすすめです。

スキニーパンツなど、ぴったり身体にフィットするデザインでは全身のコーディネートに隙を作りにくく、抜け感とはほど遠い印象になってしまいますので注意しましょう。

また、ルーズなパンツの裾は必ずロールアップしておくことでより抜け感がアップします。

ロールアップも、きっちりと1回1回折り目をつけていくのではなく、ぐるぐると適当に折り込むくらいの適当さの方が、ルーズなシルエットのパンツには馴染んでくれます。

関連:大人の女性の雰囲気を出す!「抜け感」のあるファションってどんなもの?

 

抜け感を作るメイク

抜け感を作るメイク

そして、抜け感を作るシンプルなファッションには、それに見合ったメイクも重要です。

メイクをする上で気をつけることは、ポイントメイクを大げさにせず、ちょっと物足りないくらいかな?と感じるくらいに留めておくこと。

ベースメイクはマットな質感で薄塗りにし、作り込みすぎないようにしてからアイメイクはノーカラーで仕上げ、ライナーは黒よりもブラウンを選びましょう。

眉を薄目に書くと印象がふんわりと柔らかくなりますが、目元が一重や奥二重の方は顔のパーツを一点強調してあげた方が表情にメリハリがつき顔全体のバランスが良くなりますので、眉を少しだけ濃いめに書いてあげると良いでしょう。

 

抜け感を身に着けるためには、髪型をふんわり無造作にセットするのもポイントです。

この無造作感が、少し物足りないメイクをカバーし、全身の雰囲気を補正してくれるのです。

 

抜け感を身に着けた女性は、全身からにじみ出る余裕が周囲の人間を虜にします。

魅力的な女性になるために、ファッションやメイクにこだわって自分だけの抜け感を演出しましょう!