気だるげ、あるいは物憂げな雰囲気を表す「アンニュイ」という単語。

アンニュイな雰囲気を纏っている女性は、どこか他人には真似出来ない独特な魅力的を放っていることが多く、街中ですれ違うとつい振り返ってしまいませんか?

アンニュイな雰囲気を纏うには、メイクやファッションをすべて完璧に仕上げるのではなく、適度な抜け感や色っぽさを作る事がコツです。

半額

アンニュイメイクのポイント

アンニュイメイク

メイクでアンニュイな雰囲気になるためには、ベースメイクを薄目にして、アイメイクを少しぼかすのがポイント。

ベースメイクを行なう時には常に素肌感を意識して、ファンデーションは少ない量を薄く広く塗るようにします。

この時コンシーラーは使わず、そばかすやほくろなどは逆に隠さないほうが、よりナチュラルになるのでアンニュイメイクには向いています。

 

ベースメイクが終わったら、次にアイメイクに取り掛かりましょう。アンニュイなメイクの肝であるアイメイクは、アイシャドウに赤やボルドーを使う事で簡単に独特の雰囲気を作ることが出来ます。

赤味のあるアイシャドウを使うときは、グラデーションにはせず、単色塗りをする方が綺麗に発色します。

 

また、アンニュイメイクに使用するアイシャドウはラメの入っていないものを選びましょう。

グラデーションにする時は、ベージュやゴールドなど肌に近い色味のものを使うと失敗も少なく、目元に馴染むのでおすすめです。

 

アイシャドウはまぶたの粘膜に引いたアイラインを隠すように塗り、上まぶただけでなく下まぶたにも塗ってあげるようにします。

下まぶたに赤味を加えることで、泣いた後のようなみずみずしさを目元に与えることが出来るうえ、血色をよく見せ、より肌の透明感を強調することができるので、どこか儚さを感じさせる効果があります。

アイシャドウを塗ったらほぼアイメイクは完成です。アイラインは上まぶたに細く入れるだけに留め、ビューラーやマスカラは一切使わないのがアンニュイメイクのやり方です。

 

ビューラー、マスカラを使わないと目が小さくなるんじゃ?

ビューラー、マスカラを使わないと目が小さくなる?

ビューラーやマスカラを使わないと、目が小さく見えるのでは?と不安になるかもしれませんが、この方が逆に二重の幅が狭くならずに目を大きく見せることが出来ますし、ビューラーで上へ上げないすだれ状のまつげは、適度な物憂げさと色っぽさを兼ね備えています。

アンニュイメイクではチークは使用しないのが基本ですが、チークをつけないと血色が悪く見えるという場合は、アイシャドウと同じように赤味のあるものを薄く頬に塗るようにしましょう。

関連:メイクでセクシーを演出!色っぽいメイクで人を惹きつける女性になる方法とは?

 

リップは、ヌーディなものかグレイッシュな色味がおすすめ。

可愛らしさ全開のピンク系リップはアンニュイメイクには合わないので気を付けましょう。

 

簡単なポイント押さえておけば、あっという間にアンニュイな雰囲気を作ることができます。

気だるげな雰囲気をまとって、大人の女性を演出してみるのも楽しいですね。